稲見一良「セント・メリーのリボン」(新潮社)

 初めて名前を聞きましたが、山本周五郎賞を受賞した作家らしい。兄の守備範囲はずいぶん広い。本書は5つの短篇からなる作品集で、表題作はマンガにもなっているようです。
 個人的には「花見川の要塞」に惹かれました。というのも、私が住んでいる八千代台の隣り町が舞台だから。作品に出て来る地名が聞き知ったものばかり。

光文社文庫
猟犬探偵 (光文社文庫)
ヤングジャンプ

[PR]
# by oktohru | 2018-10-14 22:16 | 読書 | Comments(0)

第1894回定期公演Aプログラム

 テニスレッスンのある土曜日の初日を避けて、珍しく日曜開催のNHK交響楽団定期公演Aプログラムの2日目を聴いてきました。(公式サイト
 いつも席取りをしてくれる竹尾さんはヴァイオリンのレッスンがあるため、今日は現地集合。ヒマな私が場所取りの重責を担う事となり、気合を入れて家を早く出たところ、ホールエントランス前の第1列に並ぶことが出来ました。しかし1時間超の待ち時間は、ガラスの腰にはちと長かった、、。^_^;
 今日の演奏会。指揮はヘルベルト・ブロムシュテット氏(91)。演奏曲目は、モーツァルト交響曲第38番「プラハ」と、後半にブルックナー交響曲第9番。どちらの曲も交響曲なのに3つの楽章から成っていて、カール・シューリヒトの名盤で楽しめます。(宣伝)
c0026968_20351942.jpg
 最初の「プラハ」。演奏会のブックレットには、演奏時間の目安として28分と記載されていますが、今日の演奏は40分くらいでした!テンポ自体は特に遅く感じませんでしたが、楽譜記載の繰返しを忠実に行ったからなのでしょう。いや~、果てしなく長く感じました。演奏は、シューリヒトのような躍動感が感じられず、いまひとつ没頭して聴くことが出来ませんでした。昨日の公演で兄が遭遇したフライングブラボーはありませんでした。
 アイスモナカ休憩の後、いよいよブルックナーの第九。
 シューリヒトの名盤があるにもかかわらず、実は通して聴いた事がないという不届き者の私。特に第1楽章が苦手で、第3楽章のアダージョばかり聴いています。今日の演奏も、金管楽器の活躍ばかり耳に残りました。ステージから遠いE席だからなのかもしれませんが、もっと弦楽器の音が聴きたかった~。
 第3楽章アダージョの演奏が終わった直後、まばらな拍手がありましたが一旦止んで、しばらくして指揮者が腕を下してから再び、今度は大きな拍手。なんか妙な感じ。
 ご高齢にもかかわらず、ステージに何度も現れては観客の拍手に応えるブロムシュテット氏。最後に現れた際には、楽器を片づけているコントラバス奏者の肩を抱いて労っていました。金曜日のコンサートも、よろしくお願いします。
[PR]
# by oktohru | 2018-10-14 20:36 | 音楽 | Comments(0)

サイモン・ラトル指揮・ウィーンフィルハーモニー管弦楽団「ベートーヴェン交響曲全集」

 妻のいない土曜日の午後、コーヒーをお供に、サイモン・ラトルがウィーンフィルと録音したベートーヴェン交響曲全集の中から、今日は第九を聴き始めました。2002年4月ということは、ベルリンフィルの芸術監督に着任する直前の録音のようです。いつも通りのセッティングで聴き始めたところ少し音量が小さく感じられたので、音量を上げて再スタート。
 いや、この第1楽章は、ラトルの意図がヒシヒシと伝わって来てとても興味深い演奏でした。凄いとか激しいとかいうような一本調子なところは全くなくて、楽器と楽器の掛け合いや旋律の受け渡しのニュアンスが、聴いていて愛おしくなるようなワクワク感でいっぱいになります。もちろん盛り上げる所では、ティンパニのクレッシェンドがド派手だったりして楽しませてもくれますし、いや~本当に満腹。没入して聴いて疲れてしまいました。第2楽章から先は、また今度にしましょう。(笑)

ベートーヴェン:交響曲全集


[PR]
# by oktohru | 2018-10-13 13:10 | 音楽 | Comments(0)

京極夏彦「書楼弔堂 炎昼」(集英社)

 兄にお借りした単行本ですが、京極氏の本は例によってとにかく分厚い。通勤電車で読むには、なかなか困難を伴います。なにしろ章ごとに一冊の文庫本になっているくらいですから。(笑)
 表紙の絵は、本書に登場する語り役のお嬢さん(塔子)が最初に読む本であるバーネットの「小公子」(若松賤子訳)の表紙から採ったもの。
 各章に登場するのは、塔子さん以外は我々が良く知っている明治大正期の有名人ばかり。田山花袋や平塚らいてう、乃木希典などなど。ご興味のある方はどうぞ。
 全6章ですが、読み終えて判ったことといったら、塔子さんの苗字ぐらいでしょうか。(笑)



 

[PR]
# by oktohru | 2018-09-23 11:30 | 読書 | Comments(0)

第1892回 NHK交響楽団定期公演

 小雨の降る中、例によって竹尾さんに誘っていただいたコンサートを堪能しました(公式サイト)。
 オールシベリウスコンサート。「レンミンケイネンの歌」、「サンデルス」、交響詩「フィンランディア」、休憩の後、「クレルヴァ」。合唱はエストニア国立男性合唱団、ソプラノ独唱ヨハンナ・サネン、バリトン独唱ヴィッレ・サネン、指揮はN響首席指揮者のパーヴォ・ヤルヴィ。
c0026968_01100008.jpg
 「フィンランディア」は超有名ですが、他の曲はなかなか聴けないようなものばかり。パーヴォ氏がエストニア出身だからなのでしょうか、はるばるエストニアの合唱団が参加したコンサート。駐日大使館の後援もあるようです。そういえばロビーには外国人が、いつもより多く見られました。
 それにしてもエストニアは、地図で見るとフィンランドとはバルト海を挟んだ対岸にある国。その国の国民的作曲家であるシベリウスでプログラムを組むとは、フィンランドとの関りがそれほど強いということなのでしょうか。
 演奏は当然素晴らしかったです。どの曲も賑やかでしたが、やはり唯一聴いたことのある「フィンランディア」がとても良かったなあ。「クレルヴァ」は、かなり長大な(75分?)曲でしたが、ちゃんと最後まで聴き通せました。コンサートパンフレットに歌詞がなかったのが残念。

[PR]
# by oktohru | 2018-09-22 01:17 | 音楽 | Comments(0)

東京楽友協会交響楽団第105回定期演奏会

 せっかくご招待状を頂いていたのですが、疲れていたので申し訳ありませんがパス。(公式サイト
 会場は一昨日行ったすみだトリフォニーホールで午後1時半開演。
c0026968_19190965.jpg
 演目は、ラフマニノフ「交響的舞曲」、バーンスタイン「オーケストラのためのディヴェルティメント」、ガーシュイン「パリのアメリカ人」。ということでオールアメリカン、と言っていいのでしょうか? 指揮は橘直貴氏。
 生誕100年にあたる今年はバーンスタインの曲を聴く機会が多いですね。「パリのアメリカ人」は楽しい曲ですが、さて今日の演奏会はいかがだったのでしょう?(笑)
[PR]
# by oktohru | 2018-09-16 19:22 | 音楽 | Comments(0)

新日本フィルハーモニー交響楽団 #593トパーズ<トリフォニー・シリーズ>

 19時開演の表記コンサートに、海外出張中の兄に代わって聴きに行きました。(公式サイト
 オールリヒャルト・シュトラウスプログラム。前半が交響詩「ドン・ファン」(Op.20, TrV156)とオーボエ協奏曲(TrV292)。休憩後の後半が交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」(Op.28, TrV171)と交響詩「死と変容」(Op.24, TrV158)。
c0026968_23204559.jpg
 それにしても、シュトラウスの作品には、作品番号のあるのと無いのがあるとはウィキペディアを読んで初めて知りました。作品(Opus)番号の無い作品には、Eich Hermann Mueller von Asowが作成したAV番号があるようですが、今日いただいた演奏会冊子にはTrV番号というのが書かれていました。調べてみるとこれは Franz Trennerという人がAsowの死後に出版したカタログ記載の番号のようです。しかしTrV番号は作品番号のある作品にも付けられているし、AV番号はなんと作曲年順になっていなかったりもするという。あ~、ややこしい。(笑)
 今日の演奏会の指揮は新日本フィル音楽監督の上岡敏之、オーボエ独奏は同団首席奏者古部賢一の両氏。
 私はシュトラウスの曲が特に好きなわけではありませんでしたが、今日のプログラムは最後までちゃんと聴き通せました。イイですね、シュトラウス。最後の「死と変容」なんて、いかにも暗いイメージのタイトルですが、演奏と共に次第次第に清らかな空気に身体が包まれていくような感覚に。指揮者の上岡氏も、曲が終わって5秒くらい両腕を広げたまま固まっていました。聴衆も拍手を我慢して凝乎と、、。

【追記】
 今日の演奏会で2018/2019シーズンが開幕。
 開演前のロビーで、モーツァルトのフルート四重奏曲のプチコンサートがありました。MCが「フルート四本で演奏すると勘違いする人がいます」と笑いをとっていました。
c0026968_00274965.jpg
 松葉杖を使って3階席に来られた方がおられました。トリフォニーホールは階段が多いので、大変な思いをして席に辿り着かれたようです。
 終演後、ロビーで北海道の災害支援募金を集めていました。今日は兄のおかげでタダで聴けたお返しに、寄付させていただきました。

[PR]
# by oktohru | 2018-09-14 23:24 | 音楽 | Comments(0)

藝祭2018 E年オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」

 例によって竹尾さんに誘っていただき、大熊さんと一緒に東京藝術大学の学園祭「藝祭2018」へ行ってきました。目当てはE(3)年生によるオペラ公演。今年は演目は、モーツァルトの「コジ・ファン・トゥッテ」。実を言うと、オペラの実演に接するのは初めてなので楽しみにしていました。早い番号の整理券をゲットするために、奏楽堂前に開場2時間前に並びましたが、先頭から10番目くらい。
 無事に整理券(400番)を手に入れた頃、ちょうど御輿パレードがスタート。太鼓と笛の音で、お祭の雰囲気を味わえました。御輿は全部で4台。超かっこいい。
 開場時間になって入場してみると、いつもは客席の前5列がオーケストラピットに変身していました。初めて見ましたが、さすが奏楽堂、こんな仕掛けがあったとは。
c0026968_19580848.jpg
 指揮者もオーケストラも歌手もみ~んなE(3)年生によるオペラ。歌手は前半と後半で交代するダブルキャスト方式。
 始まってみると、さすがに皆さん上手い。音楽はきれいだし、舞台上の演技も楽しくてとても良かった。印象に残ったのは、第1幕でお姉さん(フィオルディリージ)が歌うアリア。デスピーナを務めたお二人のコミカルな演技も楽しかったです。
 しかし第2幕の最後、変装を解いたフェルランドとグリエルモが現れるところで、変装したフェルランドとグリエルモの姿もステージ上にあって、私は混乱してしまいました。ダブルキャストが裏目に出たか?
 終演は1時半頃で、例によって食堂でハンバーグライスをいただきました。
 
[PR]
# by oktohru | 2018-09-07 19:58 | 音楽 | Comments(0)

森下典子「日々是好日」(新潮文庫)

 昨日3時に起きたら、今日も3時に目が覚めてしまいました。
 眠れそうにないので兄にお借りしていたこの本を読みましたが、なんでこの本なんだろう。疑問に思いながら読み始めましたが、気が付くと最後まで読み終えていました。
 解説を書いている柳家小三治師匠もこの本に相当入れ込んでいらっしゃるようなので、どうやら兄もその伝なんだろうとは思いますが、まあなんと申しましょうか、思いがけない本を読ませていただきました。
 内容を表すキーワードは、やはり本の題名そのものでしょう。「お茶」は著者に毎日を楽しむヒントを与えてくれるものだったようです。
 ところでその題名。フリガナが「にちにちこれこうじつ」となっています。私は「ひびこれこうじつ」だとばかり思っていました。そういえば学生時代に通った代ゼミのスローガン「日々是決戦」も「ひびこれけっせん」と読んでいましたっけ。


【追記】 淡々とした話ですが、なんと映画化されるようです。10月13日全国公開!

[PR]
# by oktohru | 2018-08-27 05:49 | 読書 | Comments(0)

フレンドシップコンサート

 千葉県立千葉女子高オーケストラ部とトーンハレ・デュッセルドルフ・ユースオーケストラによるコンサート。竹尾さんが入場引換券を当てたのでお供させていただきました。会場は市川市文化会館大ホール。(公式サイト
 千葉女オケの定期演奏会ではないせいか、会場には我々のような一般のお客さんも多く見受けられました。
 千葉県とデュッセルドルフ市は2005年から文化交流を計っているということで、このコンサートも千葉県主催の行事。森田健作千葉県知事が最初に挨拶されました。
 演目は、最初の合同演奏がビゼー:カルメンより「前奏曲」と「ロマの踊り」、千葉女オケによるチャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」から第3楽章、トーンハレ・ユースによるベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲から第3楽章(Vn.ソロ:ジュリア・ホイスラーJulia Heusler)とマーラー:交響曲第1番「巨人」、最後に再び合同演奏でシュトラウス:ラデツキー行進曲。
c0026968_23481470.jpg
 指揮は、千葉女オケの顧問で竹尾さんの同級生だった山岡健氏とトーンハレ・ユースのエルンスト・フォン・マーシャル氏。
 2つのオーケストラがステージにあがると、さすがに演奏者密度が高い!トーンハレ・ユースオケの団員は、大柄な人も多くおそらく年齢も上なのでしょう。制服を着た千葉女オケのメンバーが、いかにも子供っぽく見えました。
 演奏は、千葉女オケの「悲愴」は、出だしこそ少し縮こまっていたのか頼りなげでしたが、演奏が進むにつれ熱を帯びてきました。最後はとても盛り上がって、終演後山岡氏がコンミスの子の頭をくしゃくしゃと撫でてあげました。微笑ましい。
 ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲のソリストは19歳の女の子。上手だなあと思いましたが、このオーケストラと1月に全曲演奏していたのですね。
 トーンハレ・ユースオケの「巨人」。演奏中色々と気が散る事件があって(*1,2)集中しにくかったのですが(苦笑)、圧巻のフィナーレで良しとしましょう。スコア通りにホルンが立ち上がって演奏した後、他の金管メンバーも皆立ち上がって演奏しました!
  午後6時開演で、終演は9時。とても楽しめた演奏会でした。

*1 ケータイの着信音が2回。さすがに2回目には、指揮者は客席を振り返りました。
*2 楽章間の拍手2回。さすがにほとんとつなげて演奏された第3楽章と第4楽章の間は拍手出来なかったようです。^_^;

[PR]
# by oktohru | 2018-08-23 23:51 | 音楽 | Comments(0)