NHK交響楽団 第1886回定期公演Cプログラム

 パーヴォ・ヤルヴィ指揮のコンサート(公式サイト)。曲目は、トルミス:序曲第2番、ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第2番(ピアノ:アレクサンドル・トラーゼ)、そしてブルックナー:交響曲第1番。
 例によって竹尾さんにチケットを取っていただき、大熊さんもご一緒に。今回は兄も聴きに来られました。
c0026968_00180740.jpg
 初めて名前を聞いたトルミスは、ヤルヴィと同じエストニアの作曲家とのこと。颯爽とした出だしの曲で、その後緩やかな部分を経て再び賑やかに。ちっとも音楽的でない表現ですね。とても楽しめました。
 こちらも初めて聴くショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第2番。ピアニストのトラーゼ氏はまだ60代のようですが、ヤルヴィ氏に附添われるように登場しました。飄々とした冒頭が印象的な楽しい曲でした。第2楽章の消え入るような小さなピアノの音がE席からも良く聴こえたのが、とっても不思議。楽しいだけではない、ステキな曲でした。ソリストアンコールは、スカルラッティのソナタ ニ短調 K.32 (L.423)とのこと
 休憩時間には、いつものようにアイスモナカ。
 さあブルックナー。1番は、ブルックナーの交響曲のうちで私が聴く機会の一番少ない曲。0番や2番の方が好き、、。そんなわけで昨夜、ネットで久しぶりにヤルヴィ指揮フランクフルト放送交響楽団の演奏でまるまる1曲聴いたのでした。
 いや、今夜の演奏は素晴らしかったです。さすがN響。3曲聴いて満腹ハッピーになりました。

[PR]
by oktohru | 2018-05-19 00:25 | 音楽 | Comments(0)


<< 山川直人「月と珈琲、電信柱」(... 船橋フィルハーモニー管弦楽団 ... >>