水野仙子×有我すずな イラスト展2018

 連休中に行って来ました、イラスト展
 那須の家から高速道路を使って1時間。電波の状態が良くないのか、ヤフーカーナビが全く使えなかったのですが、迷わずに。(笑)というのも会場の須賀川市産業会館は、同市の観光名所「須賀川牡丹園」の真向かい。東北自動車道出口からの誘導標識は完璧でした。
 須賀川市は円谷英二氏の出身地なので、ウルトラマンが観光の目玉ですが、郷土出身の作家水野仙子をアピールしようと、イラストレーター・漫画家の有我すずなさんががんばっているのです。青空文庫に水野仙子の作品を登録していただいていたり、なにより私が水野仙子ホームページを運営しているというご縁で、夫婦で応援にはせ参じました。
c0026968_21100993.jpg
 今年は水野仙子の生誕130年にあたる記念の年。クナッパーツブッシュと同じ。(笑)
 展示は、仙子の家族や生涯に沿ったイラスト、それから作中場面をイメージした絵などですが、仙子の兄(歌人服部躬治)の作詞による「水仙」という歌も、地元の方々の演奏で聴かせていただきました。絵葉書や缶バッチも販売していました。
 会場では、私よりもずっと以前から水野仙子の作品を世に紹介されていた大先達の菅野俊之さんにもお会いすることが出来ました。なんと氏もシューリヒトのLPレコードをお持ちとの事。なんかとっても嬉しい。^_^
 会場を後にして、夫婦で牡丹園を散策しました。お天気だったので、たくさんの牡丹の花を見ることができました。園内ではウルトラマンショーも開催されていて、小さな子供達の歓声もにぎやかに聞えました。
 ちょうど子供の日でしたので、売店で柏餅を買って義母の待つ那須に帰りました。

[PR]
by oktohru | 2018-05-06 21:10 | 日々の雑記 | Comments(0)


<< 船橋フィルハーモニー管弦楽団 ... 佐々木邦「心の歴史」(みすず書房) >>