佐々木邦「心の歴史」(みすず書房)

 兄にお借りしましたが、この作家の作品を読むのは初めてでした。大学教授でありながらユーモア作家倶楽部を結成したという。すでに著作権が切れているので「青空文庫」にもいくつかの作品が収録されています。
 短篇2つ「芭蕉の蛙」「テーブル・スピーチ」と表題作である「心の歴史」。
 「心の歴史」が面白い。うっかりご本人の自伝だと勘違いしていましたが、創作のようですね。


[PR]
by oktohru | 2018-04-28 13:52 | 読書 | Comments(0)


<< 水野仙子×有我すずな イラスト... 野村三郎「ウィーン・フィルハー... >>