宮下奈都「羊と鋼の森」(文春文庫)

 兄にお借りした文庫本。本屋大賞受賞作。
 ネタばれになりますが、これも「ピアノの森」。しかし主人公はピアニストではなくて調律師なのが面白い。
 主人公の調律師としての成長を映像化するのはとても難しいと思いますが、6月に映画が公開されるそうです。


[PR]
by oktohru | 2018-04-07 11:51 | 読書 | Comments(0)


<< オトマール・スイトナー指揮マー... 篠原美季「ヴァチカン図書館の裏... >>