大井三重子「水曜日のクルト」(偕成社文庫)

 兄にお借りした本は、珍しく童話。知らない名前の著者。不思議なタイトル。
 童話だけに、不思議な話が6篇。一番気に入ったのは「ある水たまりの一生」ですが、表題作もステキ。
 それにしても、作者は江戸川乱歩賞を受賞したミステリー作家、仁木悦子氏だとはびっくり。「血の色の雲」は、著者ご自身の話っぽかったです。

新版 水曜日のクルト (偕成社文庫)


[PR]
# by oktohru | 2016-10-21 00:05 | 読書 | Comments(0)

黒田龍之助「ポケットに外国語を」(ちくま文庫)

 私には、外国語にあこがれているところがありました。
 小学生の頃は、NHK教育で放送されていた「セサミストリート」を観ていたし、中学生の頃はチャーリー・ブラウンたちのピーナッツブックを英語(+谷川俊太郎の訳)で読んでいました。大学受験では、これも経験とばかりに東京外語大の英米語学科を受験しました(見事に落ちましたけど)。
 兄にお借りして読みましたが、この本の著者は、ロシア語をはじめスロヴェニア語やリトアニア語など、私など聞いたこともないような多くの外国語を「楽しく」学んできたそうです(奥様もスロヴェニア語の専門家!)。今はフリーランスの語学教師だとか。私より5歳年下なんだあ。

ポケットに外国語を (ちくま文庫)
[PR]
# by oktohru | 2016-10-14 22:42 | 読書 | Comments(0)

米寿の母

 私の母は、明日米寿を迎えます。おめでたい!
 祝日の今日、親子でお祝いをしようと、兄の発案で東京神田きくかわ本店で昼食をいただきました。兄の奢りで。(^o^)
 88歳で親子一緒に外食できるというのは、考えてみるとすごいことですね。また来年も来ようと話しました。

[PR]
# by oktohru | 2016-10-10 22:10 | 日々の雑記 | Comments(0)

田中美穂「わたしの小さな古本屋」(ちくま文庫)

 20代で「蟲文庫」という古本屋を始めた女性が書かれた本で、最近文庫化されたようです。苔や亀の本も書いているとのこと。そういえば「ときめくコケ図鑑」は、書店で見かけた気がします。
 で古本屋。本好きの人間が一度は考える古本屋経営ですが(^_^;、たいてい妄想するだけで実際には出来ません。田中さんは21歳の時、ブラックな職場を辞めて古本屋を開業したそうです。手持ちの本を並べただけの。それから20年。少しだけ掲載されている写真を見ると、素敵な古本屋さんです。(「倉敷美観地区『てくてく』ブログ」
 本書は、「蟲文庫」の来歴も含めて、本や苔など田中さんが興味を持っている事柄についてのエッセイからなる本ですが、読んでいてとても静かな文章だと感じました。郷土の作家、木山捷平についても触れられています。

わたしの小さな古本屋 (ちくま文庫)
[PR]
# by oktohru | 2016-10-08 21:00 | 読書 | Comments(0)

下村英世「Mr.Qの呆言録」

 85篇のエッセイから成る本書は、本屋さんでは手に入りません。
c0026968_15010282.jpg
 私が大学生の頃、天文学科の友人と天文ファンの同人誌「星明(ほしあかり)」を作りました。その時の会員のおひとりMr.Qの個人出版物です。私より25歳も年上の方ですが、天文雑誌に掲載されていた投稿文を拝見して入会をお誘いしました。以来「星明」の連載文の中でも人気があって、商業天文雑誌で「星明」が取り上げられると、紹介されるのは決まってエッセイ「Mr.Qから」でした。あれから30年以上がたち、これが最後とばかりにMr.Qから送られてきたのが本書です。ちなみに「星明」は6年間続いて、最後は第15号でした。
 Mr.Qにお会いしたのは、実は一度きりです。私が社会人になってから、九州の会員の方が上京するという時に声をおかけして、たしか池袋辺りで集まった記憶があります。
 本書を読ませていただいて、「星明」当時に感じたMr.Qの文章の味わいを思い出しました。巻頭の「初めに」には「関係のあった人々へのラストメッセージ」と書かれていますが、これだけしっかりとした字でエッセイが書けるうちは、まだまだお元気でいられるだろうと思います。続巻希望!
[PR]
# by oktohru | 2016-10-02 15:01 | 読書 | Comments(0)

オーケストラ・モチーフ第6回定期公演

 久しぶりのコンサート。台東区ミレニアムホールまで聴きに行ってきました。
c0026968_23532906.jpg
 曲目は、前半がベートーヴェン:コリオラン序曲、ワーグナー:ジークフリート牧歌。15分の休憩をはさんで後半は、ハイドン:交響曲第104番「ロンドン」。
 オーケストラ・モチーフは、東京藝大や慶応大メンバー中心の学生オケ。学生オケという言葉からは、時として生半可なものを思い浮かべてしまいますが、このオケは違います。今日の演奏も、本当に素晴らしかった。指揮者の松本氏も、「コリオラン序曲」の出だしから気合が入っていましたね。ホールの大きさとオーケストラの人数の関係なのか、あるいは前から4列目に陣取っていたせいか、オーケストラの音が聴いているこちらの身体にビシビシと響いてきて、全身で音楽を感じることができた気がします。各パートの音も聞き分けることが出来て、聴いていて楽しくなりました。「ジークフリート牧歌」などでは特に。コンミスもお元気で、オーボエの方も素敵。パンチの効いていた金管楽器は女性だったのですね!
 今日のコンサート最高の演奏は、後半の「ロンドン」だったと思います。これまでに何度も松本氏の指揮による演奏を聴いてきましたが、今回初めて指揮者松本氏の存在を感じることができました。特にフィナーレ!思う存分、心から音楽を作っている気持ちが伝わってきました。
 とはいえ今日の聴衆の数は、このオーケストラのこれまでのコンサートに比べるとずっと少ないのにも驚きました。オーケストラの代表が交代してなにかと変動が大きいのは仕方がないのかもしれませんが、今回は新体制での最初のコンサートですし、きっとこれから盛り返すことでしょう。
 それにしても素晴らしかった今日の演奏。聴き逃さなくて本当に良かった。

Orchestra Motif公式サイト


[PR]
# by oktohru | 2016-09-30 23:56 | 音楽 | Comments(0)

高原英理「不機嫌な姫とブルックナー団」(講談社)

 例によって、兄に借りて読みました。
 ブルックナーに関するエピソードは楽しめますが、登場人物たちのエピソードが少なくて、物足りない印象を受けました。

不機嫌な姫とブルックナー団


[PR]
# by oktohru | 2016-09-25 18:13 | 読書 | Comments(0)

弱虫ペダル

 どういうわけか、この2日間、Gyao!でアニメを観ています。一番下の子がはまったというアニメを。親バカってヤツでしょうか?みなさんも、いかがでしょうか?

コレ


[PR]
# by oktohru | 2016-09-22 01:35 | 日々の雑記 | Comments(0)

ロバート・ウェストール「ブラッカムの爆撃機」(金原瑞人訳・岩波文庫)

 兄に借りた単行本。表紙絵も帯の宣伝文句も宮崎駿。表題作のほかに「チャス・マッギルの幽霊」と「ぼくを作ったもの」が収録されている。
 「チャス・マッギルの幽霊」と「ブラッカムの爆撃機」の内容の一部は、宮崎駿の絵で紹介されている。作者である故ロバート・ウェストールに対する宮崎駿のオマージュのような話も描かれていて、ファンとしては嬉しい。
 ウェリントン爆撃機(詳しくは、「ビッカース・ウェリントン爆撃機」みたい)は、第二次大戦初期のイギリス空軍の爆撃機。いかにも宮崎駿が好きそうな題材ですね。「ぼくを作ったもの」は、「チャス・マッギルの幽霊」とエピソードが重なっているが、将来の自分に重ねて興味深く読みました。私は孫とどんな形で関わることになるのだろうか、、。

ブラッカムの爆撃機―チャス・マッギルの幽霊/ぼくを作ったもの


[PR]
# by oktohru | 2016-09-18 18:53 | 読書 | Comments(0)

ユッシ・エーズラ・オールスン「特捜部Q ―檻の中の女― 」〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕

 例によって兄にお借りしましたが、なにしろ456ページの翻訳もの。読み切れるかどうか心配でしたが、面白くて無事に読み終えました。驚いたことに、すでに映画化されているのですね。
 しかし、最後のクライマックスシーンの描写に、私の読解力・想像力はついていけなかったようです。

特捜部って、「相棒」の特命係に似ているような?

[PR]
# by oktohru | 2016-09-15 01:19 | 読書 | Comments(0)