井上純一「中国嫁日記(六)」

 新しいパソコンを購入したら、2160円分の電子書籍購入クーポンが付いていました。さっそく(五)(六)巻を購入。だいたいは井上氏のブログで読んでいますが、(六)巻の書き下ろしは初見でした。そしてその書き下ろし作品が一番の目玉。よかった~!

[PR]
# by oktohru | 2017-01-15 19:35 | 読書 | Comments(0)

喜多喜久「化学探偵Mr.キュリー5」 (中公文庫)

 例によって、兄にお借りして読みました。5つの短編で構成されています。相変わらず面白いですね。とはいえシリーズ五作目ともなると、以前よりスケールの小さな話が多いような気がします。

化学探偵Mr.キュリー5 (中公文庫)
[PR]
# by oktohru | 2017-01-12 21:45 | 読書 | Comments(0)

王城夕紀「青の数学2」(新潮文庫)

 2冊目も兄にお借りして年末から読み始めましたが、お正月をはさんで間があいてしまい、ようやく今日読み終えました。
 「数学とは?」という問いかけが、実は「数学を目指すこととは?」ということで、主人公の出した答えは「生きること」。
 うーん、深い話でした。あっ、ネタバレ!

青の数学2: ユークリッド・エクスプローラー (新潮文庫nex)
[PR]
# by oktohru | 2017-01-09 22:56 | 読書 | Comments(0)

聴き初め:プロジェクトQ・第14章

 友人の竹尾さんに誘われて一昨年あたりから通っている弦楽四重奏のコンサート(プロジェクトQ公式ホームページ)。会場は上野学園石橋メモリアルホール。3日間にわたり、各日2組の四重奏団が演奏します。ちなみに第14章というのは14回目の開催ということで、2月開催予定の本公演に向けた試演会(トライアルコンサート)です。オーケストラをメインに聴いている私には、新日本フィルの室内楽シリーズを兄の代理で聴く時くらいしか室内楽を楽しむ機会がありませんので、このコンサートが楽しみになりつつあります。
c0026968_20370076.jpg
 開演30分前に到着した時にはすでに開場していて、30人ほどのお客さんがホールに入っていました。幸い前から3番目中央に席を取ることができました。
 2日目の今日は、相愛大学生により結成されたモマシー・クァルテットによるシューマン:弦楽四重奏曲第2番と、小澤国際室内楽アカデミー受講者により結成されたクァルテット奥志賀によるブラームス:弦楽四重奏曲第1番。前者の演奏は今回初めて、後者の演奏は3回目になります、たしか。
 モマシー・クァルテットは女性4人。第1楽章ののどかな曲想通りのやさしい音に、ホールの空気も暖かくなった気がしました。少し大柄な第1ヴァイオリンの方は、時折ヴァイオリンを傾けて聴衆に音を届けているようなしぐさが印象的でした。アレグロモルトヴィヴァーチェの最終楽章もばしっと決まって、大きな拍手とブラボーの声が聞こえました。
 男性ヴィオラが入っているクァルテット奥志賀によるブラームス。いきなり暗い音で始まり、それまでの暖かいホールの空気がブラームス色に!? 第1ヴァイオリンの方の力強く真剣な表情がそう感じさせたのかもしれません。とはいえ実のところ私には、第1楽章から第3楽章までこの曲のメロディーがちっとも耳から頭に伝わりませんでした。交響曲ばかり聴いているせいか、四重奏曲の楽しみ方がわかっていないからなのでしょうか。それでもフィナーレの演奏は素晴らしく、全曲を通しての高い緊張感も相まって、会場からは盛大な拍手と大きなブラボーの声がかけられました。竹尾さんも2曲の演奏にご満足で、じつに充実したトライアルコンサートでした。
 終演後、浅草まで足を延ばし、人生おそらく2度目のどぜうを食しました。今年も一年間、素晴らしいコンサートに立ち会えることを祈念して、合羽橋の河童にお願いしてまいりました。
c0026968_20432712.jpg

[PR]
# by oktohru | 2017-01-08 20:46 | 音楽 | Comments(0)

2016年のまとめ

 もうすぐ平成29(2017)年を迎えるので、今年をまとめようかと思いました。すぐ忘れるから。(笑)
 今年は、仕事が今までになく順調でした。来年もこの調子を維持できると良いのですが、さてどうなりますやら。先日は、勤続25年の表彰を受けました。
 趣味関係では、まずコンサートでの音楽鑑賞。兄や友人の竹尾さんのおかげで、いろいろなコンサートに行くことが出来ました。1回きりの市民オケや藝大の公開演奏会なども入れて、全部で17回。その中でも、指揮者松本宗利音の演奏が急に素晴らしくなってきたのに驚かされました。オーケストラモチーフは上手いしヨコハマベイフィルもがんばっているし、両者ともに3月の演奏会が今から楽しみです。年末に契約したベルリンフィルのデジタルコンサートホール。すでにいろいろと観て楽しんでいます。ただ、時々音が飛ぶように聞こえるのはネットの通信速度に問題があるのかもしれません。光ですが、息子たちがオンラインゲームをやっているせいかも。文学関係は、青空文庫の工作員活動を休止しているので、あいかわらず無活動という状況です。森田たまや南部修太郎、素木しづについては、本当に開店休業状態。水野仙子関係のみ、石井さんに教えていただく新情報を、ウェブに反映することが出来ました。感謝。天文関係は、なにぶん望遠鏡を準備するのが億劫なので、ほとんど覗いていません。久しぶりに同人誌仲間のMr.Qとの交信があって、大学時代を懐かしく思い出しました。週一回のテニスも、すでに20年くらい続いています。同じクラスのメンバーとも、長い付き合いになりました。(テニススクールのウェブサイトに、クラスの写真が載っています。)
 あとは何関係だろう。そうそう夫婦関係。(笑)めでたく結婚25年迎え銀婚記念海外旅行でイギリスに行きましたっけ。年賀状には、その時の写真を使いました。
c0026968_23355087.jpg
 57歳を迎えましたが、特に健康上の不具合は出ておらず、このまま定年まで無事に過ごせると良いのですが、先のことはわかりませんね。とりあえず新しい年になっても、今まで同様に前を向いて行こうと考えています。皆様も、佳き年をお迎えください。 m(_ _)m
[PR]
# by oktohru | 2016-12-31 23:39 | 日々の雑記 | Comments(0)

王城夕紀「天盆」(中央公論新社)

 先日読んだ「青の数学」の著者デビュー作で、第10回C★ノベルス大賞特別賞受賞作「天の眷属」の改題。
 実に面白く楽しめました。テーマは全く違いますが、以前読んだ冲方丁氏の「天地明察」を思い出しました。なんでだろう、、?


王城夕紀「天盆」


[PR]
# by oktohru | 2016-12-22 22:19 | 読書 | Comments(0)

池田邦彦「おもいで停留所」 (ニチブンコミックス)

 買い逃していたコミックス。いろいろと深くて重い話が多いです。


おもいで停留所 (ニチブンコミックス)


[PR]
# by oktohru | 2016-12-20 23:28 | 読書 | Comments(0)

ヨコハマベイフィルハーモニー ウインターコンサート2016

 松本宗利音指揮・横浜ベイフィルの演奏を聴きに、遥々鶴見まで行ってきました。Winter Concert 2016ということで、普段オーケストラの練習に使っている潮田地区センターの体育室に、地区の人たちを無料でご招待しての演奏会。地区外の人間も可ということで、昨年に続いて参加させていただきました。
 プログラムは、シベリウス:交響詩「フィンランディア」、ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」から第1楽章、そしてベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」から第4楽章。なんといっても今日のお目当ては「合唱」。昨年は、ソリストがバリトンの増原英也氏だけの参加だったので第4楽章からの抜粋でしたが、今回は中江早希(ソプラノ)、平山莉奈(アルト)、又吉秀樹(テノール)、増原英也(バリトン)のプロ・ソリスト四氏のご参加で、とうとう第4楽章全体を演奏することになったのです。
c0026968_18550195.jpg
 時間に余裕を取って出かけたので、開場までの時間、図書室を兼ねた受付ロビーでのんびりポケモンGOを。(笑)途中から、合唱の練習を終えたおばさま方が入ってきて、遅いお弁当をとっていらっしゃいました。なにげなくおしゃべりに耳を傾けていたところ、指揮者について好意的なご意見が多数。(^_^)
 開場時間になって体育室へ。普通の体育館なので、オケの方々と我々聴衆が同じ高さ。なので昨年と同様今年も、最前列中央に陣取りました。開場してからもオケの方たちは練習していたので、約30分の間きょろきょろと拝見させていただきました。昨年は、コンマスはおじさまだったと思うのですが、今年は若きコンミス。団員の構成も、どうやらかなり若返っているように見受けられました。進行役は、合唱メンバーのおひとり加藤玲菜さん。原稿を手に、がんばっていらっしゃいました。
 1曲目のフィンランディアで驚きました。横浜ベイフィル、去年と違う。ずいぶんと上手くなっている!「新世界より」も、普通にイイ演奏でした。なんか、良いほうに期待を裏切られたような?進行役に促されて合唱団とソリストが入場して、さあ「合唱」のスタート!
 聴き終わって、しばし呆然とするくらいの名演奏でした。うっかりブラボーと声に出してしまったくらい。(恥かしい) ソリストと合唱のみなさんの声が、じつによく聞こえました。というか、聴いているこちらの体に響いてきました。ひょっとして体育館というのは、「合唱」に都合の良い会場なのでしょうか?いや、本当に素晴らしい演奏でした。細かいことを気にしなければ、今までに聴いたどの「合唱」にも引けを取らないように感じました。
 途中、我慢しきれずぐずついて退場してしまった小さな女の子とお母さん、最後まで聴くことが出来なくて残念でしたね。
 終演後、3月11日(土)に開催される第3回定期演奏会のチケットを購入して帰途につきました。行きも帰りも、鶴見駅まで徒歩15分。


[PR]
# by oktohru | 2016-12-17 18:59 | 音楽 | Comments(0)

池田邦彦「でんしゃ通り一丁目」

 「カレチ」でおなじみ池田氏のマンガ。

 でんしゃといっても、本作では都電です。じつに昭和なストーリー!

でんしゃ通り一丁目 1 (ニチブンコミックス)


[PR]
# by oktohru | 2016-12-16 22:19 | 読書 | Comments(0)

王城夕紀「青の数学」(新潮文庫)

 久しぶりに本を読みました。
 けっこう面白かったです。数学の問題を解く決闘なんて、発想が楽しいですね。
 なんとなく知っている数学に関するエピソードもちりばめられていて、数学が分からなくても楽しめます。


青の数学 (新潮文庫nex)


[PR]
# by oktohru | 2016-12-08 23:19 | 読書 | Comments(0)