<   2015年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

モーニング・コンサート

 友人の竹尾さんから常々モーニング・コンサートの話を聞いていたのですが、平日(木曜日)午前11時開演ということで今までは諦めていました。今回は演目に私の好きなブラームスのヴァイオリン協奏曲が入っていたのと、今日は特に差し迫った仕事もなかったこともあり、「裁量労働制」の恩恵とばかりに東京藝術大学奏楽堂へ初めてのモーニングコンサートへ行ってきました(公式サイト)。
 モーニングコンサートでは、藝大フィルハーモニアをバックに、各専攻科から選抜された優秀な学生さんがソリストとして演奏します。今回の演目は、細川愛梨さんの尾高尚忠「フルート小協奏曲」と齋藤澪緒さんのブラームス「ヴァイオリン協奏曲」。今回の指揮は山下一史氏(指揮科招聘教授)。私より2歳若い。(だからどうだと言うのか?)
 10時10分から販売される当日券(1000円)を目当てに9時前に家を出ましたが、ゲットしたチケットの整理番号は610。整理番号順に入場するということで、ずいぶん後ろだなあと心配になりましたが、どうやら販売所毎に100番ずつ割り振られているような感じで、必ずしも610人目ということではなかったようです。開場してから10分後に入場することが出来ました。客席を見渡すと、およそ八分の入りでした。平日でも、これだけの人が集まるのですね!
c0026968_23595733.jpg

 さあ演奏開始。指揮者の山下氏は初めてでしたが、会場で頂いたパンフによると、カラヤンのアシスタントを務め、カラヤンの代役でジーンズ姿でベルリンフィルの第九を振ったという、すばらしい経歴の持ち主でした。
 休憩なしで2つの協奏曲。そして最初の「フルート小協奏曲」。飽きずに聴き通せました。竹尾さんは物語性を見出したということでしたが、私はただただ音に浸っていただけ。初めて聴く曲は、たいていそんな感じなのですが、この曲はまた聴きたいなあ。 2曲目のブラームス。私の耳には、カール・シューリヒト指揮クリスチャン・フェラスのヴァイオリンによる演奏がこびりついていて、女性のソリストってどうなんだろうと、実は聴く前から少し心配していました。演奏が始まって、オーケストラによる長い序奏の後の独奏。うーん、やはり、すこしせんが細いかな?などという傲慢な印象でスタートしましたが、曲が進むにつれて、意外と好いなあ、あれっ、結構イイ!という感じでした。特に第1楽章のカデンツァは、際立っていました。
 今回のモーニング・コンサートで、ひとつ気付いたことがあります。私(わたくし)的には、フルート協奏曲は目をつむって聴いた方が、演奏に浸れて良いということ。そしてヴァイオリン協奏曲は、目を開いて聴くべきであること。なんとなく。^_^;。
[PR]
by oktohru | 2015-11-27 00:00 | 音楽 | Comments(0)

Gavriel Lipkind with Owada Festival Orchestra

 渋谷区文化総合センター大和田の開館5周年記念事業として開催された"Gavriel Lipkind with Owada Festival Orchestra"を聴きに、同館4Fさくらホールに、夫婦で行ってきました。大和田祝祭管弦楽団は、音楽大学学生が中心の若手演奏家で構成されていて、今夜ひと晩限りのオーケストラとのこと。指揮は、おなじみ東京藝大4年の松本宗利音氏。ホール1階は、ほぼ満員の入りでした。
c0026968_1155931.jpg

 演目は、チャイコフスキー「弦楽セレナーデ」とドヴォルジャーク「チェロ協奏曲」。どちらも有名な曲ですが、特に「弦セレ」は、ウチの奥さんも大学オケで演奏したという因縁の曲。(笑)
 チェリストのガブリエル・リプキン氏は、独自レーベル「Lipkind Productions」から自らの演奏を高音質で世に送り出しているそうです。2013年から日本で室内楽公開レッスン「ガブリエル・リプキンマスタークラス」などで若手チェリストの指導をしていて、今年3月には「さくらホールコンサート」にご出演。なじみのホールで、指導した学生さんたちとの演奏会ということでしょうか。
 前半の「弦楽セレナーデ」も良かったですが、後半の「チェロ協奏曲」がとてもよかったです。リプキン氏は、時折笑みを浮かべながら若い指揮者に息を合わせつつ、実に思い切りの良い演奏を聴かせてくれました。指揮者も、リプキン氏の温かい息遣いを感じながらオーケストラを導いていたことでしょう。じつに素晴らしい演奏でした。最後のあいさつでリプキン氏は「未来のNumber 1 orchestra in Tokyoと将来のマエストロ」とステージのみんなを褒め称えて演奏会を締めくくりましたが、本当に実現すると良いですね! オーケストラは無くなっているでしょうけど。(^_^;

【追記】 私個人的には、チェロの第1プルトのお二人と、オーボエの方に目を奪われていた気がします。(^o^;
[PR]
by oktohru | 2015-11-22 01:16 | 音楽 | Comments(0)

東京藝術大学&延世大学音楽学部 交流演奏会Ⅰ

 日韓国交正常化50周年を記念した両校の先生・学生合同の室内楽演奏会。友人の竹尾さんに誘われて聴きに来ました。昨日まで韓国の延世(ヨンセイ)大学で行っていた演奏会を、今日と明日は日本で行うということです。みなさん今朝日本に(戻って)来られたそうですが、疲れた様子もなく素晴らしい演奏を聴かせて下さいました。
c0026968_23583582.jpg

 午後七時開演のコンサートのプログラムは、ブラームス「ホルン三重奏曲Op.40」、シューマン「ピアノ五重奏曲Op.44」、15分の休憩をはさんでメンデルスゾーン「弦楽八重奏曲Op.20」。
 藝大音楽学部長の澤和樹氏は、1曲目のヴァイオリンと2曲目のヴィオラで、延世大学教授のキム・ヒョナ女史は、2曲目の第一ヴァイオリンで、それぞれ大活躍。最後の八重奏曲では、ビオラの延世大教授キム・サンジン氏が、アンサンブル全体を見渡している様子が目立っていました。
 終演は、午後九時。奏楽堂を出ると、小雨が降っていました。
 明日は、会場を第6ホールに移して、モーツァルト「弦楽五重奏第1番」、ベートーヴェン「七重奏曲Op.20」、シューベルト「ピアノ五重奏曲『鱒』」が演奏されます。
 両日とも、入場無料です。明日は午後6時から、守衛所で入場券が配布されるとのことです。
[PR]
by oktohru | 2015-11-17 23:59 | 音楽 | Comments(0)

高野文子「ドミトリーともきんす」(中央公論新社)

 高野文子氏のマンガを読むのは、ずいぶん久しぶりです。以前、何を読んだのか思い出せないのは、単に私が忘れっぽいからですが。
 この作品には朝永振一郎、中谷宇吉郎、牧野富太郎、湯川秀樹(50音順)、そしてゲストにジョージ・ガモフという錚々たる科学者が登場します。4人とも、研究論文以外に一般読者向けの本を書いているのが共通点。本書の内容は、そうした本の内容紹介にもなっています。
 題名については、本書で説明されています。

ドミトリーともきんす
[PR]
by oktohru | 2015-11-14 19:53 | 読書 | Comments(0)

迷う

 好きな作家の作品の、内容がちょっと怪しい場合、どうしたらよいのか。
 先日、国立国会図書館から発掘してきた素木しづ作の「眼」。大正5年刊行の雑誌「婦人雑誌」(笑)に掲載されたこの作品は、危ないです。英語を教えている娘に対する四十過ぎの小父さんの恋愛感情と、娘の戸惑い(疑惑と不安)がテーマっぽいです。しかも、解決しないで不安を掻き立てる情景で終わっているという。私自身が、その設定にそそられている、ということなのでしょうか?う~ん、危ないな。
[PR]
by oktohru | 2015-11-03 23:57 | 読書 | Comments(0)

ル スコアール管弦楽団第39回演奏会

 今日は「文化の日」。友人の竹尾さんに付き合っていただいて、3人まで入場できる魔法のはがきを手に、すみだトリフォニーホールへ聴きに行きました。前回のコンサートで演奏されたショスタコヴィッチ「交響曲第5番」(タコ5)が素晴らしかったのが、忘れられません。
 前回に比べてお客さんが多く、なんと1階はほぼ満席。空いている席を探しまわる人が、あちらこちらに。指揮は橘直貴(たちばななおたか)氏。
 今回の演目は、ムソルグスキー作曲「禿山の一夜(原典版)」、同「展覧会の絵(ラヴェル編)」そして休憩をはさんでラフマニノフ作曲「交響曲第3番」。演奏会プログラムは、楽しいデザインです(写真に入りきりませんでした)。
c0026968_1920168.jpg

 1曲目の「禿山の一夜」は、始まってすぐに異変に気づきました。私が知っている曲じゃない!あわてて曲目紹介を読むと「原典版」という語句が。なんとムソルグスキーが最初に作曲した時、友人に酷評されてお蔵入りしてしまったものだそうです。彼の死後、リムスキー・コルサコフが編曲したのが、私の知っている「禿山の一夜」ということのようです。そーだったのか。
 「禿山の一夜」も「展覧会の絵」も、金管楽器やシンバル、打楽器が活躍して、最後はバシッと決まっていました。やはりル スコアール管は上手です。
 休憩の後に演奏されたラフマニノフ「交響曲第3番」は、主旋律が分からなくて、ずいぶん賑やかなのに、聴いていて気持ちが乗らない不思議な曲でした。聴き終えてから、どんな曲だったか思い出せない、そんな曲。それでも、オーケストラの熱演は印象的でした。
 次回6月公演のメインは、メシアン作曲「トゥーランガリーラ交響曲」ということですが、さてどうなんでしょう。(^_^;
[PR]
by oktohru | 2015-11-03 19:23 | 音楽 | Comments(0)

なんと申しますか。

 今では普通?
 研究室で、机に座って文献を読んでいるようですが、耳にはイヤホンが。
 私には出来そうもありません、そんなこと。
 ヒトの進化に追いつけない自分。(^_^;
[PR]
by oktohru | 2015-11-01 01:11 | 日々の雑記 | Comments(0)