<   2014年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

深津十一「花工房ノンノの秘密 死をささやく青い花」(宝島社文庫)

 先日読んだ「コレクター 不思議な石の物語」の作者による作品で、兄に借りて読みました。なんというか、ちょっと納得できない点はありますが、読み終えることはできました。
 それにしても、虫にそれほど興味が無いと思っていた兄が「ムラサキシャチホコ」の写真をFBにリンクしていたのは、どうやらこの作品のせいだったのだな、と思い当りました。

花工房ノンノの秘密 死をささやく青い花 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
[PR]
by oktohru | 2014-07-23 00:39 | 読書 | Comments(0)

海神交響楽団第1回演奏会

 友人の竹尾さんに誘われて聴きに行きました。会場は船橋市民文化ホールで、入場無料。
c0026968_18261347.jpg
 海神交響楽団は、昨年結成された楽団とのことです。指揮者は、東京藝大4年の松川智哉氏。コンサートミストレスは、プロでご活躍のヴァイオリニスト本郷幸子氏。(ちなみに海神は、京成本線の駅名にもなっている地名です。)
公式サイト
 今回の演奏会は、とにかくチャイコフスキーの交響曲第2番(原典版)を演奏することが目標で、前半にグリンカの「ルスランとリュドミラ」序曲、チャイコフスキー「眠れる森の美女」組曲が演奏されました。
 いわゆるアマオケなのでしょうが、すっかり楽しませていただきました。隣のおじさまは、演奏中ずうっと数独を楽しんでいらっしゃいましたが、、。(^_^;
[PR]
by oktohru | 2014-07-21 18:28 | 音楽 | Comments(0)

深津十一「コレクター 不思議な石の物語」(宝島社文庫)

 兄に借りて読みました。ラノベ? 白夢石や涙石といった不思議な名前の石が出てきて楽しいですが、なんといってもわらし石と、それにまつわる物語が面白かった。 読み終えて表紙を見ると、林徳三郎氏の絵柄が、私のイメージとは違いました。

コレクター 不思議な石の物語 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

[PR]
by oktohru | 2014-07-19 00:45 | 読書 | Comments(0)

奥泉光「虫樹音楽集」(集英社)

 たしか、氏の「シューマンの指」は読み通せたと思いますが、本作は無理でした。3分の1でギブアップ。 >_<

虫樹音楽集
[PR]
by oktohru | 2014-07-17 23:22 | 読書 | Comments(0)

山之口洋「オルガニスト」(新潮社)

 兄に借りたのは単行本でしたが、もう文庫本になっているのですね。
 第10回ファンタジーノベル大賞受賞作。そうとは知らずに読み始めたので、途中であれっ?と思いましたが、それでも感動しました。お勧めです。
オルガニスト (新潮文庫)
[PR]
by oktohru | 2014-07-15 22:49 | 読書 | Comments(0)

ヤフオク

 今日は負けました。シュトルム名作集です。定価の6割を目安に入札しましたが、わずかですがそれを超えるビッドがありました。はっきりと限度を決めて入札しているので、諦めは付くのですが、それでも「あと少しだったのかも?」なんて考えると、クヨクヨしてしまいますね。むずかしいなあ、オークション。
[PR]
by oktohru | 2014-07-13 00:33 | 日々の雑記 | Comments(0)

京極夏彦「書楼弔堂 破暁」(集英社)

 ずいぶん久しぶりの京極夏彦。兄にお借りしましたが、あいかわらず分厚い。厚い割には498ページで軽い。単行本なので、文庫本に比べて厚くて密度の低い紙を使っているのでしょうか。
 6つの掌編から構成されていますが、それぞれ歴史上の有名人が、「弔堂」を訪れます。読むのが愉しい作品です。

書楼弔堂 破暁
[PR]
by oktohru | 2014-07-11 22:37 | 読書 | Comments(0)

ああPC

 職場で使っているノートパソコン(バイオプロ11)が、変になりました。いつのまにか、デスクトップのフォルダーなどが無くなっていて、壁紙も自分が指定したものでなくデフォルトのものに戻っていて、あろうことかオフィスのファイルも開けなくなっていました。
 ユーザーサポートに電話で相談して、あれこれ試みましたが、結局Windowsの再インストールすることになり、今日の午後いっぱいかけて終わらせました。いったんインストールしても、重要なアップデートが98個あって、その時間が馬鹿になりませんでした。(苦笑)
 それにしても、インストール画面のこのアイコン。フロッピーディスク時代からそのままっぽいですね。
c0026968_21572205.jpg


 再インストール後、以前は静電気に敏感だったトラックパッドが、気持ちよく使えるようになりました。ついでにファームウェアをアップデートしたからでしょうか?
[PR]
by oktohru | 2014-07-08 21:57 | 日々の雑記 | Comments(0)

松崎有理「就職相談員蛇足軒の生活と意見」(角川書店)

 兄にお借りした、リケジョ松崎氏の作品。なんちゅうタイトルなんでしょうね?(笑)
 恐ろしいことに、実在するポスドク問題も込められたフィクション。面白くてイッキ読みでした。ラストに多少、引っかかりはしますが、、。

就職相談員蛇足軒の生活と意見

[PR]
by oktohru | 2014-07-08 00:31 | 読書 | Comments(0)

松崎有理「洞窟で待っていた」(岩崎書店)

 日本SF作家クラブ創立50周年記念に刊行された「21世紀空想科学小説シリーズ」の一冊で、「代書屋ミクラ」の作者による作品。

洞窟で待っていた (21世紀空想科学小説 7)

[PR]
by oktohru | 2014-07-05 14:53 | 読書 | Comments(1)