<   2014年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

西本秋「葉書の中の白い街」(東京創元社)

 面白かったです。ただ、ミステリーというと推理小説なのかと思っていましたが、それは私の勘違いなのでしょうね。

葉書の中の白い街 (ミステリ・フロンティア)

[PR]
by oktohru | 2014-03-31 22:33 | 読書 | Comments(0)

中沢啓治「広島カープ誕生物語」(恒内出版)

 昨シーズンにAクラス入りした記念に再刊された本。「はだしのゲン」の作者によるカープ愛一杯のマンガです。長くて、読み終えたら頭が痛くなりました。(笑)

中沢啓治著作集 1 広島カープ誕生物語

[PR]
by oktohru | 2014-03-30 17:14 | 日々の雑記 | Comments(0)

教科書

 もうすぐ新学期。昨年まで使っていた教科書が品切れ・再販未定ということで、池袋のジュンク堂で探してきました。
 物理化学の教科書では、外国の翻訳ものが有名ですが、たいてい値段が高いのと、上下巻に分かれてたりして不便だったり。手頃な価格でありながら、物理化学A(熱化学)と物理化学B(量子化学)の両方で使える教科書、ということでこの本に決めました。
 ところで、再来週から授業が始まるということで、章末の演習問題を解いていたところ、いくつか誤植を見つけました。メールで正誤表があるのか問い合わせたところ「さっそく作ります!」というお返事を頂きました。出版社がこんなに対応が早いとは知りませんでした。好感度大です。

真下清ほか「物理化学入門」(東京教学社)


[PR]
by oktohru | 2014-03-28 23:11 | 日々の雑記 | Comments(2)

乾くるみ「蒼林堂古書店へようこそ 」(徳間文庫)

 兄に借りて読みました。ミステリー専門古書店と、そこに集う数名の登場人物が、もっぱら身近な謎(?)を解き明かすというお話です。14の短篇と、それらの合間にその古書店主によるミステリー紹介がはさまれています。楽しめました。
蒼林堂古書店へようこそ (徳間文庫)
[PR]
by oktohru | 2014-03-14 23:00 | 読書 | Comments(0)

松崎有理「代書屋ミクラ」(光文社)

 兄に借りて先日読んだ「あがり」にも出てきた代書屋ミクラの短篇が5つまとめられています。重複はありません。とても面白かった。
代書屋ミクラ
[PR]
by oktohru | 2014-03-14 21:35 | 読書 | Comments(0)

麻耶雄嵩「貴族探偵」(集英社文庫)

 兄に借りて読みましたが、面白かったです。ヨハン・シュトラウスの曲名が題となっている5つの短編集。テレビ化されるかも?しかし、さすがに最後の話は無理があると思います。
貴族探偵 (集英社文庫)
[PR]
by oktohru | 2014-03-11 23:57 | 読書 | Comments(0)

NHK交響楽団(第78回オーチャード定期)

指揮:リュウ・シャオチャ(呂紹嘉)
ヴァイオリン:岡崎慶輔
曲目:ブラームス:ヴァイオリン協奏曲
   ドヴォルザーク:交響曲第8番
公式サイト


 日曜日の午後、都合が悪くなった母の代わりに、兄と一緒に楽しんでまいりました。渋谷に行ったのはずいぶん久しぶりで、ホールまでの道のりが不安でした。実際、建物からエスカレーターでホール玄関に出るとは、思いもよりませんでした。(笑)
 今日のプログラムは2曲とも有名な曲なので楽しみでした。指揮者のリュウ・シャオチャ氏は、一昨年の暮に、新日本フィルを指揮して素晴らしいベートーヴェンの第九を聴かせてくれました。
 前半はチューリッヒ歌劇場のコンサートマスターを務める岡崎氏のヴァイオリンで、ブラームスのヴァイオリン協奏曲。三階席だったせいか、オーケストラの音はそこそこ聴こえましたが、独奏者のヴァイオリンの音が遠くて、うまかったですが迫力などは伝わってきません。むしろN響の演奏がきちっとしている印象が強く感じられました。第2楽章冒頭のオーボエにはうっとりしました。
 休憩をはさんで後半のドヴォルザーク。チェロやコントラバスなどの低弦がしっかり聴こえて、オーケストラの音に立体感が感じられました。特に第3楽章が、のびやかで良かったです。
 アンコールの演奏もありました。兄によると、シベリウスの「悲しきワルツ」とのことです。弦楽器中心の静かな小品。
 それにしても、やはりN響はうまいな、というのが今日のコンサートを聴いた印象です。もちろん、それを引き出した指揮者の力もあるのでしょうけど。


[PR]
by oktohru | 2014-03-09 22:18 | 音楽 | Comments(0)

ノートパソコンの悩み

 今ではオフィスでも、デスクトップでなくノートパソコンを使うようになりました。使い心地に影響するのは、おそらくみなさんキーボードとタッチパッドだと思います。私の場合は、特に後者に問題を抱えています。指先の静電気が強いのか(?)、触っていないのにクリックされてしまったりするのが、とっても煩わしいのです。複数選択している時に、勝手に解除されたり。
 今使っているVaio Proでは、この問題が頻発していて困っています。それに比べて、以前使っていたMacbook air(今はサブ)では少なかったです。同じ11インチのノートパソコンですが、キーボードも感触が良かったし、完全にVaio君の負け。それでもしばらく使い続けなくてはならない、、。
 マウスをつなぐか?(笑)
[PR]
by oktohru | 2014-03-07 12:35 | 日々の雑記 | Comments(0)

新日本フィルハーモニー第521回定期演奏会(サントリーホール・シリーズ)

 例によって、忙しくて都合が悪いという兄にチケットをいただきました。
c0026968_00123804.jpg
 指揮者は、準・メルクル氏。たしか今までNHK交響楽団で客演指揮していたと思いますが、新日本フィルには初登場とのことです。
 曲目は、ストラヴィンスキーの交響的幻想曲「花火」とドビュッシーのバレエ音楽「遊戯」、休憩後のメインがベルリオーズの幻想交響曲(公式サイト)。  前半の2曲は、今まで聴いたこともない曲なので、どんなだろうと興味津々でしたが、「花火」はあっけなくて、「遊戯」は、いつの間にか夢うつつになっていました。気づいたら、最期の一音。 >_<
 やはり知っている曲の方が、楽しみやすいのでしょうね。「幻想交響曲」では、最初から最後までちゃんと聴き通せました。
 メルクル氏は、指揮台の前に譜面台を置かないで指揮していました(奏者と重なっていて見えなかったのかも?)。私はP席に座っていたので、指揮者をやや斜め正面から見ることになるのですが、まるで氏の体操を見ているようでした。表情の変化に乏しく機械的な指示に終始していて、なんというか、オーケストラとつながっていると思わせるようなオーラの感じられない指揮ぶりでしたが、まあそれは、見ている私の勝手な思い込みかもしれません。
[PR]
by oktohru | 2014-03-07 00:17 | 音楽 | Comments(0)

PCオーディオ?

 お金をあまり掛けずに、まだCD化されていない手持ちのレコードの音楽を電子ファイル化しようと、ここ2月ばかりあれこれやりました。
 最初は、4年くらい前に買ってあったZOOM Q3というハンディービデオレコーダーを、2つのスピーカーの間に置いて録音しました。柔らかめの印象的な音になりましたが、ちょっと柔らかすぎるのと、ねぎま君の啼き声が入る恐れがあるので、1回だけで止めました。(笑)
 やはりアンプの出力を直接PCへ入れないと、ということで、余っている古いノートパソコン(Cassiopeia FIVA:Windows Me)のマイク端子を使って、Putitrecというフリーソフトで録音しました。ところが、マイク端子はモノラルでした!(涙)ステレオ音源がモノラルになってしまうというのは困るのですが、ノートPCにはライン入力端子なんてありません。そこでUSB端子を使った録音器具を購入する羽目になりました。なんとか探し出したのはbehringer社のUCA202というオーディオインターフェイス。2000円近くかかってしまいますが止むをえません。しかし対応OSがWindows2000以降ということで、やはり今や使っていないノートパソコン(Mebius Muramasa:Windows XP)につないで録音することになりました。取り込みソフトも、behringer社のサイトでAudacityというかっこよさげなソフトが無償配布されていたのでダウンロード。
 いよいよ録音してみました。すると、、音が時々抜けます!録音の音量レベルも変えられません! なんじゃこりゃー、と思いましたが、きっとソフトが重いのに違いないということで、Putitrecで試みたところ、、見事音抜けはなくなりました。音量レベルの調整は、やはりできませんが、、。

[PR]
by oktohru | 2014-03-01 22:38 | 音楽 | Comments(0)