<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ベートーヴェン・プロジェクト

 ブリュッヘン指揮新日本フィルの演奏会を、兄の代理で聴いてまいりました。
 第3回に当たる今日の演目は、交響曲第6番「田園」と第7番の2曲。ブリュッヘンというと、古楽器の演奏というイメージがありますが、新日本フィルとの共演ですから、普通の楽器なんでしょうね。しかし小編成で配置も普通とはちょっと違うようでした。ティンパニは向かって右手に、コントラバス3本は左手に。第1・第2ヴァイオリンは対向配置で10人ずつ。ヴィオラとチェロは正面。
 小編成のせいか音量が小さくて、あたかもアンプを絞って聴いているかのような。席が3階の後ろから3列目のせいもありますが。
 私は「田園」の第2楽章が好きなのですが、木管の掛け合いがきれいで、特に1stクラリネットの女性が目立っていました。ティンパニの響きも良かったです。「田園」が終わって休憩に入るまでの間に、あちらこちらから大きな欠伸が聴こえました。気持良く眠っていた人が多かったのかもしれません。
 第7になって、音量が上がったのか曲の雰囲気の違いか私の耳が慣れてきたのか、音が大きく聴こえました。しかし、今度は私の意識が、時として朦朧としてきました。特に第2・3楽章で、古楽器演奏のように、波のように音に強弱をつけるところが気になりました。それでも最終楽章は、好い感じで高揚感が感じられてきました。ところが!終盤あと1分あたりの時に、わたしの斜め前の席の人が、その前の席に足を当てたのか、その席の人が後ろを振り返って睨んだのが私の目に入ってしまい、気が逸らされてしまいました。うーーーん、残念。
 指揮者のフランス・ブリュッヘン氏は、たどたどしい歩みですが、杖を使うこともなく、ゆっくりと舞台と袖を往復して、拍手に応えていました。
[PR]
by oktohru | 2011-02-17 00:04 | 音楽 | Comments(2)

ひと安心

 滑り止めの学科に合格して、本人も家族もひと安心。ほっ。
 でも、第一希望は譲らないでね。
[PR]
by oktohru | 2011-02-11 17:54 | 日々の雑記 | Comments(2)

相撲

 昔から、相撲には八百長というか星のやり取りがあったと言われていました。それでも、別に白黒付けずに、国技として相撲を続けてきたのです。今になって、八百長が云々というのには、少し違和感を感じます。結局、正しいとか間違っているとかではなく、単なる時代の趨勢なのでしょうね。
[PR]
by oktohru | 2011-02-08 00:50 | 日々の雑記 | Comments(0)

子ども

 幾つになっても、子どもは子どもで親は親。子どもを見て、親はいちいち「おやおや」言ってます。おやおや心配ばかりです。それでも、一緒が一番。笑顔が一番。
 詩?
[PR]
by oktohru | 2011-02-02 00:19 | 日々の雑記 | Comments(0)