カテゴリ:読書( 506 )

藤井太洋「オービタル・クラウド」(上・下)ハヤカワ文庫JA

 兄にお借りして、めずらしくSFを読みました。日本SF大賞受賞作とのこと。とても面白いので、上下2冊を2日で読みきりました。
 解説の人も書いていますが、とても壮大なスケールの話です。本作で登場するスペーステザーというと、実際に昨年行われたこうのとり6号によるテザーを使ったスペースデブリ対策実験は上手くいきませんでしたっけ。


[PR]
by oktohru | 2017-03-19 22:49 | 読書 | Comments(0)

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~

 久しぶりに兄にお借りした本を読みました。
 シリーズ最新作であり、本編の完結編。それにしてもシェークスピアのファーストフォリオとは、栞子さんには敵いません。

[PR]
by oktohru | 2017-03-11 21:28 | 読書 | Comments(0)

酒井邦嘉「脳を創る読書」じっぴコンパクト文庫(実業之日本社)

 著者は物理学科出身の脳科学者。
 脳を創るというと大げさに聞こえますが、物理や数学の問題を解くのに限らず、人の話や文章の意味を正しく理解するためにも、想像力を働かせる必要があり、そうした「わかる」能力を育むためにはどうしたらよいのか。「読書を通して想像力を培うことができれば、言語能力も同時に鍛えられる。すると、言語能力に裏打ちされた思考力が確かなものになる。」(142頁)とありますが、電子書籍や電子教科書も使い方の工夫次第だとありますので、結局しごく妥当なところで落ち着いているような。(笑)

 話の本筋から外れますが、英語の筆記体を中学校で教えなくなったという話。著者は筆記能力の退行であると指摘しています。じつは長男が中学校に入学した時、学校で英語の筆記体を習っていないというので、得意がって息子に教えたら、あまり上手くない筆記体で答案に記入したせいか減点されたとか。もっと鍛えるべきだったのか、、。(苦笑)


[PR]
by oktohru | 2017-02-09 16:11 | 読書 | Comments(0)

水野仙子「嫁げるもの」(女子文壇 大正二年十二月号)

 青空文庫の工作員として活動していた頃は、もっとコンスタントに作業をしていましたが、今回は本当に久しぶりにテキスト入力をしました。1年半くらい前に国会図書館で複写した文献です。青空文庫にファイルを登録する場合、書式や記載事項などについて約束事があるのですが、最近の私はあまり手をかけられないので、自分のサイトに掲載するだけのお気楽バージョンです。原本は総ルビなのですが、難しい言葉以外はルビを振りませんでした。よろしければお読みください。

【追記】以前、石井由美子さんにコピーをいただいていた「師の君を思ふ」も、あわせて掲載いたしました。申し訳ないことに、すっかり忘れていました。m(_ _;)m



[PR]
by oktohru | 2017-02-04 13:07 | 読書 | Comments(0)

井上純一「中国嫁日記(六)」

 新しいパソコンを購入したら、2160円分の電子書籍購入クーポンが付いていました。さっそく(五)(六)巻を購入。だいたいは井上氏のブログで読んでいますが、(六)巻の書き下ろしは初見でした。そしてその書き下ろし作品が一番の目玉。よかった~!

[PR]
by oktohru | 2017-01-15 19:35 | 読書 | Comments(0)

喜多喜久「化学探偵Mr.キュリー5」 (中公文庫)

 例によって、兄にお借りして読みました。5つの短編で構成されています。相変わらず面白いですね。とはいえシリーズ五作目ともなると、以前よりスケールの小さな話が多いような気がします。

化学探偵Mr.キュリー5 (中公文庫)
[PR]
by oktohru | 2017-01-12 21:45 | 読書 | Comments(0)

王城夕紀「青の数学2」(新潮文庫)

 2冊目も兄にお借りして年末から読み始めましたが、お正月をはさんで間があいてしまい、ようやく今日読み終えました。
 「数学とは?」という問いかけが、実は「数学を目指すこととは?」ということで、主人公の出した答えは「生きること」。
 うーん、深い話でした。あっ、ネタバレ!

青の数学2: ユークリッド・エクスプローラー (新潮文庫nex)
[PR]
by oktohru | 2017-01-09 22:56 | 読書 | Comments(0)

王城夕紀「天盆」(中央公論新社)

 先日読んだ「青の数学」の著者デビュー作で、第10回C★ノベルス大賞特別賞受賞作「天の眷属」の改題。
 実に面白く楽しめました。テーマは全く違いますが、以前読んだ冲方丁氏の「天地明察」を思い出しました。なんでだろう、、?


王城夕紀「天盆」


[PR]
by oktohru | 2016-12-22 22:19 | 読書 | Comments(0)

池田邦彦「おもいで停留所」 (ニチブンコミックス)

 買い逃していたコミックス。いろいろと深くて重い話が多いです。


おもいで停留所 (ニチブンコミックス)


[PR]
by oktohru | 2016-12-20 23:28 | 読書 | Comments(0)

池田邦彦「でんしゃ通り一丁目」

 「カレチ」でおなじみ池田氏のマンガ。

 でんしゃといっても、本作では都電です。じつに昭和なストーリー!

でんしゃ通り一丁目 1 (ニチブンコミックス)


[PR]
by oktohru | 2016-12-16 22:19 | 読書 | Comments(0)