山嶋哲盛「日本科学の先駆者 高峰譲吉」(岩波ジュニア新書)

 副題は「アドレナリン発見物語」。
 高峰氏は、ベンチャー起業家の先駆けでもあります。理化学研究所設立の立役者でもあり、その功績は野口英世氏に勝るとも劣らないはずなのですが、日本での知名度は低いですね。
 ジュニア新書ですが、大人も読むべし!
[PR]
by oktohru | 2008-08-25 01:34 | 読書 | Comments(0)


<< 耳の調子 突発性難聴になった >>