G.Mortenson and D.O. Relin "Three cups of tea"(Penguin)

The New York Timesで紹介されていたベストセラー本。アメリカ人にもいろいろいるぞ!というところです。K2登頂に失敗して、命からがら下山して、パキスタンの貧しい地元住民に助けられた登山家が、村に学校を作って恩返しをするというお話。やがて規模を拡大して、最後はアフガニスタンにまで活動を広げます。
 洋書を読んだのは、ダン・ブラウンの"Da Vinci Code"以来です。
[PR]
by oktohru | 2008-08-04 23:50 | 読書 | Comments(0)


<< 小野田博一「史上最強の論理パズ... 耳鳴り >>