山田真哉「食い逃げされてもバイトは雇うな」(光文社新書)

 今頃、読みました。当たり前のことが書かれています。でも、意外と盲点なのかも。ちゃんと考えるようになれば、数字に踊らされたりしなくなるでしょうね。各章の最後にまとめがあって、内容の理解(というか記憶)を助けてくれます。
[PR]
by oktohru | 2008-06-16 23:43 | 読書 | Comments(0)


<< 絶対おかしい、というかエライ! 阿辻哲次「漢字を楽しむ」(講談... >>