第23回江副記念財団リクルートスカラシップコンサート

 バリバリ売出し中の若手演奏家、全員集合~!という感じの、実に贅澤な演奏会でした(公式サイト)。しかも企業のメセナ活動なのに、会社関係者が演奏会で表に出てこないという不思議なコンサート。言い方を替えるなら演奏家中心という、最も純粋な演奏会なのかもしれません。
 会場の紀尾井ホールに行くのは、私は初めてでしたが、直方体の形状ながら、丸みを帯びた内装が、ホールの雰囲気を柔かくしていました。高木さんに取って頂いた座席は、ホール床面から少し高い場所の壁側の座席で、ステージがいつもと違った角度から見通せて新鮮でした。
c0026968_23011655.jpg
 18名の出演家の皆さんは、普段ソリストとして活動しているのですが、このコンサートでは組み合わされて、室内楽6曲を演奏しました。曲目は、シューマン:ピアノ五重奏、フォーレ:ピアノ四重奏第一番、メンデルスゾーン:ピアノ三重奏第一番、ブラームス:ピアノ五重奏、アレンスキー:二台のピアノのための組曲、サン=サーンス:二台のピアノのための「死の舞踏」。
 最初のシューマン。いきなり熱い演奏!第三楽章のスケルツォの熱演に、会場からは拍手が起りました。私もつられて拍手してしまいました。^_^;
 最初の休憩をはさんで三曲目のメンデルスゾーンも素晴らしかった。三重奏は各パートの聴かせどころが分かりやすくて、室内楽に馴染みのない私も演奏に没頭できました。五重奏くらいになると、目と耳が追い付かないというか。(笑)
 二回目の休憩を挟んで、ピアニスト二人による二台のピアノのための曲2つ。情熱大陸で知った反田さん。髪の毛が短くて別人かと思いましたが、やはり演奏は素晴らしかった。パートナーの阪田さんも負けていませんでしたね。 最後は、出演者全員がステージに並んで、客席からの拍手に応えました。
 午後1時に開演して4時半まで、都合3時間半にわたるコンサートは、本当に心地よい疲労感と満腹感をくれました。幸せでお腹いっぱい、みたいな。

[PR]
by oktohru | 2017-12-16 23:01 | 音楽 | Comments(0)


<< プロジェクトQ・第15章 伊吹有喜「BAR追分」 (ハル... >>