新日本フィルハーモニー交響楽団 第576回定期演奏会

 出張中の兄に代わって聴きに行ってきましたシリーズ最終回。今日は錦糸町にある「すみだトリフォニーホール」で行われた表記演奏会を楽しんで来ました(公式サイト)。
 今週3つ目のプロオケ演奏会。今日の演目は、イベール:「寄港地」、サン=サーンス:ピアノ協奏曲第5番「エジプト風」、休憩の後ショーソン:交響曲 変ロ長調。初めて聴く曲ばかりでした。指揮は秋山和慶、ピアノ独奏はパスカル・ロジェ。見事にフランス特集でした。
c0026968_23362360.jpg
 めずらしくロビーでダブルベース2台によるプレコンサート。私の耳が悪いのか、たびたび音程が外れているように聴こえました。^_^;
 平日の夜だからでしょうか、客席は8割くらいの入り。私の両隣は空席だったので、両側のひじ掛けを占拠してゆったり聴くことができました。あいにく座席前の手すりが視界を妨げていて、ちょうど指揮者やコンマスが見えません。もう少し私の座高が高ければ問題ないのでしょうが、、。
 ステージにはハープ2台と、いろいろな打楽器が並んでいました。イベール「寄港地」は、聴いていて楽しかったのですが、あまり記憶に残りませんでした。一番気に入った曲は、サン=サーンスのピアノ協奏曲の第1楽章でしょうか。最初から楽し気なピアノでダイナミックなところもあり。残念ながら、最終楽章は意識を失っていました。協奏曲が終わって、ロジェ氏はアンコールにジムノペディを、とてもしっとりと弾いてくれました。イベールの交響曲も、賑やかで旋律も聴きやすくて良かったですが、もう忘れてしまいました。初めて聴いた曲はいつもそうなのです。

[PR]
by oktohru | 2017-07-14 23:37 | 音楽 | Comments(0)


<< SOSPIRI D'A... 読売日本交響楽団 第570回定... >>