習志野フィルハーモニー管弦楽団 第91回定期演奏会

 例によって、友人の竹尾さんに誘っていただき、大熊さんと3人で習志野文化ホールで行われた表記演奏会へ行ってきました(公式サイト)。このオーケストラの演奏を聴くのは初めて。創立が1969年という、歴史ある市民オーケストラです。
 演目は、ベートーヴェン作曲「ピアノ協奏曲第3番」と、なんと!ブルックナー作曲「交響曲第8番(ハース版)」。人生2度目の生ブル8。アマチュアオーケストラがこの長大な曲を演奏するとは!という驚きと、プロオケみたいに協奏曲付きというプログラムへの期待感から、これは!と思って聴きに行くことにしました(全自由席1000円)。
 指揮は新通(しんどおり)英洋、ピアノ独奏は若杉友恵の両氏。会場は、ほぼ満席の盛況でした。これも例によって竹尾さんのダッシュのおかげで、私たち3人は前から10列目くらいのほぼ中央という、最高の席につけました。入口でいただいたパンフレットは、とてもきれいに作られたもの。
c0026968_19341101.jpg
 1曲目のベートーヴェン。聴きなじんだ曲の演奏を、十分楽しませていただきました。特に第1楽章のカデンツァが良くて、静まり返った会場から聴衆が集中して聴き入っている雰囲気が伝わってきました。
 15分の休憩後、いよいよブル8。指揮台うしろのピアノが片づけられて、1曲目ではまったく見えなかった指揮者新通氏が、指揮棒を持たないで指揮しているのに気づきました。
 冒頭から、ブルックナーだなあという感じが伝わってきました。久しぶりに実演に接したので、なんだか懐かしい気分。木管の音が少し聞こえにくかったですが、なにしろ金管とティンパニの音が圧倒的で、ブルックナー全開といった感じ!
 全体で80分にもわたる曲ですが、どの楽章の演奏も素晴らしかったです。第2楽章(スケルツォ)のラストがビシッと決って、うっかり拍手をしそうになったくらい。シンバルが入るアダージョも盛り上がりましたし、フィナーレも、これでもかっ、というくらいの音の洪水。いやぁ、堪能させていただきました。ありがとう、習志野フィルのみなさん!
 唯一気になったのが指揮者新通氏の鼻息(?)スースーなのですが、いつものことなのでしょうか?

[PR]
by oktohru | 2017-06-04 19:34 | 音楽 | Comments(0)


東京藝大チェンバーオーケストラ... >>