王城夕紀「天盆」(中央公論新社)

 先日読んだ「青の数学」の著者デビュー作で、第10回C★ノベルス大賞特別賞受賞作「天の眷属」の改題。
 実に面白く楽しめました。テーマは全く違いますが、以前読んだ冲方丁氏の「天地明察」を思い出しました。なんでだろう、、?


王城夕紀「天盆」


[PR]
by oktohru | 2016-12-22 22:19 | 読書 | Comments(0)


<< 2016年のまとめ 池田邦彦「おもいで停留所」 (... >>