オーケストラ・モチーフ第6回定期公演

 久しぶりのコンサート。台東区ミレニアムホールまで聴きに行ってきました。
c0026968_23532906.jpg
 曲目は、前半がベートーヴェン:コリオラン序曲、ワーグナー:ジークフリート牧歌。15分の休憩をはさんで後半は、ハイドン:交響曲第104番「ロンドン」。
 オーケストラ・モチーフは、東京藝大や慶応大メンバー中心の学生オケ。学生オケという言葉からは、時として生半可なものを思い浮かべてしまいますが、このオケは違います。今日の演奏も、本当に素晴らしかった。指揮者の松本氏も、「コリオラン序曲」の出だしから気合が入っていましたね。ホールの大きさとオーケストラの人数の関係なのか、あるいは前から4列目に陣取っていたせいか、オーケストラの音が聴いているこちらの身体にビシビシと響いてきて、全身で音楽を感じることができた気がします。各パートの音も聞き分けることが出来て、聴いていて楽しくなりました。「ジークフリート牧歌」などでは特に。コンミスもお元気で、オーボエの方も素敵。パンチの効いていた金管楽器は女性だったのですね!
 今日のコンサート最高の演奏は、後半の「ロンドン」だったと思います。これまでに何度も松本氏の指揮による演奏を聴いてきましたが、今回初めて指揮者松本氏の存在を感じることができました。特にフィナーレ!思う存分、心から音楽を作っている気持ちが伝わってきました。
 とはいえ今日の聴衆の数は、このオーケストラのこれまでのコンサートに比べるとずっと少ないのにも驚きました。オーケストラの代表が交代してなにかと変動が大きいのは仕方がないのかもしれませんが、今回は新体制での最初のコンサートですし、きっとこれから盛り返すことでしょう。
 それにしても素晴らしかった今日の演奏。聴き逃さなくて本当に良かった。

Orchestra Motif公式サイト


[PR]
by oktohru | 2016-09-30 23:56 | 音楽 | Comments(0)


<< 下村英世「Mr.Qの呆言録」 高原英理「不機嫌な姫とブルック... >>