高原英理「不機嫌な姫とブルックナー団」(講談社)

 例によって、兄に借りて読みました。
 ブルックナーに関するエピソードは楽しめますが、登場人物たちのエピソードが少なくて、物足りない印象を受けました。

不機嫌な姫とブルックナー団


[PR]
by oktohru | 2016-09-25 18:13 | 読書 | Comments(0)


<< オーケストラ・モチーフ第6回定期公演 弱虫ペダル >>