ポール・アダム「ヴァイオリン職人と天才演奏家の秘密 」(創元推理文庫)

 例によって、兄にお借りして読みました。
 基本的に外国物の翻訳は苦手で読まないのですが、いや~、面白かった!
 それにしてもパガニーニに関する逸話がたくさん出てきますが、どれが本当でどれがフィクションなのか非常に気になります。 本作はシリーズ2作目なのに、後から気づきました。1作目は読まずに返してしまったような、、。 >_<
ヴァイオリン職人と天才演奏家の秘密 (創元推理文庫)

[PR]
by oktohru | 2016-09-08 21:14 | 読書 | Comments(0)


<< 雲 宝くじ >>