プロースト交響楽団 第23回定期演奏会

 出張で痛くなった腰を気にしながら、暑いくらいの陽気の中ミューザ川崎まで表記演奏会を聴きに行きました。
 竹尾さんにいただいた座席指定券との引換券を手に、12時からの引換を待って列に並んだところ、11時半から交換開始。とはいえ開演は午後2時。昼食を済ませ戻ってきましたが、それでも30分くらい時間を持て余しました。
 引き換えていただいた指定席は、超特等席(2CA1-21)! なんと運が良いのでしょう。
 プロースト交響楽団は、2003年に大学生中心のオーケストラとして創立されたとのことですが、名前が「乾杯」とは粋ですね。うっかりフランスの文学者かと勘違いするところでした。指揮は角田鋼亮(つのだ・こうすけ)氏。大阪フィルの指揮者なのですね。
 今日の演目は、ヨアヒム・ラフ編曲によるバッハ「シャコンヌ」、伊福部昭「交響譚詩」、休憩後にブルックナー「交響曲第4番」。
c0026968_19353035.jpg

 演奏を聴いて、とてもうまいオーケストラなのが分かりました。ラフの編曲による「シャコンヌ」は、バッハが少なかったような。伊福部昭の「交響譚詩」は、祭り囃子のような賑やかな曲で楽しかったです。
 いよいよお目当てのブルックナー。いや、参りました。なんと1874年第1稿(ノヴァーク版)。時折、聴きなれた旋律が現れることはありますが、ほとんど別の曲。これがロマンティックの真の姿だったのかあ!ブルックナー特有のゆったりとした旋律に浸る場面が少なくて、ただただドンジャカ。演奏が本当に素晴らしかったのは分かったのですが、曲がこれでは全く楽しめませんでした。
 不思議な体験だったと言えよう。(笑)

【追記】 最後にふざけて書いた一文の元である宇野功芳氏が6月10日に亡くなられました。謹んでお悔やみ申し上げます。
[PR]
by oktohru | 2016-05-29 19:36 | 音楽 | Comments(0)


<< いしいひさいち「現代思想の遭難... 新日本フィルハーモニー交響楽団... >>