あの録音

 驚きました。
 10連休の最終日。30年ぶりくらい久々に、クナッパーツブッシュ指揮ウィーンフィルによるブルックナー交響曲第5番を聴きました。シャルク改訂版による有名な演奏録音。そしたら、記憶にある演奏(正確には音ですが)とは大違い!「本当に、あの録音なのか?」と疑ってしまうほど。
 考えてみると、以前聴いていた時は、CDでなくLPでしたっけ。そして、もっとよく考えてみると、あの頃は第4楽章ばっかり聴いていたのでした。コーダが気に入っていて。(笑) 音が違うのではなく、むしろ初めてちゃんと最初から聴いたのでした! そう思って聴くと、第4楽章はたしかに「あの録音」。
 なんとお粗末な結末でしょう。ああ、恥ずかしい。

ブルックナー: 交響曲第5番
[PR]
by oktohru | 2016-05-08 22:03 | 音楽 | Comments(0)


<< 山川直人「菅原克己の世界 日常... 新日本フィルハーモニー交響楽団... >>