本谷有希子「異類婚姻譚」

 第154回芥川賞受賞作を、文藝春秋三月特別号で読みました。
 いや、実をいうと、私は雑誌「モーニング」に3年くらい前に連載されていた榎本俊二氏のイラスト付きの「かみにえともじ」で本谷有希子氏の文章と出会っていたので、どうしてもその印象が強いです。
 その本谷氏の作品が芥川賞とは。しかも内容はファンタジー。 最初は「えっ?」と思いましたが、良く考えたら芥川氏も、不思議な話をたくさん書いていました。「河童」やら「蜘蛛の糸」やら。それを思うと、本谷氏の「異類婚姻譚」だって、同じ系譜なのかもしれません。遅くなりましたが、受賞おめでとうございます!
[PR]
by oktohru | 2016-04-29 01:03 | 読書 | Comments(0)


<< 新日本フィルハーモニー交響楽団... 幕張フィルハーモニー管弦楽団 ... >>