乙川優三郎「脊梁山脈<せきりょうさんみゃく>」(新潮文庫)

 兄に借りましたが、久しぶりに面白い小説を読みました。馴染みのない木地師という題材を描いているのですが、引き込まれるように読み切ってしまいました。木地師の由来に結びついているとはいえ、歴史的記述が多いのには、閉口しましたが。
 「ああ、なんという小説だろう。すごすぎる。」(三浦しをん氏)

脊梁山脈 (新潮文庫)
[PR]
by oktohru | 2016-04-05 21:15 | 読書 | Comments(0)


<< 山本弘「翼を持つ少女 BISビ... 喜多喜久「創薬探偵から祝福を ... >>