5th Orchestra MOTIF "Anniversary Concert" 2016

 いつもは、コンサートを楽しんだ当日に感想をアップするのですが、いまだに時差ボケで夜になると眠くてしかたなく、結局昨夜のうちには書き込めませんでした。(^_^;
--------------------------------------------------------------------------
 杉並公会堂にて開催された表記演奏会を聴きに行きました。
c0026968_12524248.jpg

 2012年にスタートした大学生達によるオーケストラ。4年たったということは、当時1年生だった大学生は卒業の節目を迎えたわけです。会場で配布されたプログラム冊子には、このオーケストラのこれまでの歩みも掲載されていました。演奏に先駆けて、代表の日置駿氏によるステージ挨拶がありました。
 当夜の演奏曲目は、シベリウス:交響詩「フィンランディア」、グリーグ:「ペール・ギュント」第1組曲および第2組曲、休憩をはさんで再びシベリウス:交響曲第2番(常任指揮者:松本宗利音氏)。
 昨年のニューイヤーコンサートでも強く感じましたが、このオーケストラは上手い。今回も、最初の「フィンランディア」の緊張感にあふれる演奏にはしびれました。休憩後に演奏されたシベリウスの2番も。実をいうとこの曲、旋律の繰返しが耳について、私はあまり好きではないのですが、今夜の演奏を聴いて少し気が変わりました。(笑) 聴衆からの拍手も特別大きかったようです。
 指揮者とオーケストラが完全燃焼した素晴らしい演奏会でしたが、平日の夜のせいか客席は半分くらいしか埋まっていなかったのは残念。
 スタートから4年がたち、メンバーの卒業に伴う入れ替えなど、これからオーケストラと指揮者はどう進んでいくのか。今後の活動に注目したいと思います。
[PR]
by oktohru | 2016-03-23 12:53 | 音楽 | Comments(0)


<< 喜多喜久「創薬探偵から祝福を ... 銀婚旅行日記 >>