西牟田靖「本で床は抜けるのか」(本の雑誌社)

 兄に借りて読みましたが、ずいぶん前に読んだ草森紳一の「本が崩れる」以来の、愛書家には避けられない永遠のテーマ。 それにしても意外な結末が待っていました。床の心配をしている場合ではなかった、、。 >_<

本で床は抜けるのか
[PR]
by oktohru | 2016-02-20 17:50 | 読書 | Comments(0)


<< アウローラ・ウィンド・オーケス... 三部けい「僕だけがいない街」 ... >>