赤城毅「書物審問」(講談社ノベルズ)

 もう何作目だったか、兄に借りたシリーズにはまっています。
 この作品は、短編集ではありませんでした。そして十分楽しめました!よくもまあ、スケールの大きな話を考えつくものですね。
 とはいえ、書物狩人の説明文にマンネリを感じてしまうのも事実ですが。

書物審問 (講談社ノベルス)
[PR]
by oktohru | 2015-09-03 00:26 | 読書 | Comments(0)


<< 赤城毅「書物奏鳴」(講談社ノベルス) 室内楽シリーズXII #95 ... >>