赤城毅「書物輪舞」(講談社ノベルス)

 兄にお借りした3冊目は、4つの短編からなっています。内容から当然のことですが、近現代史のおさらいにもなります。まあ、本当のことばかりではありませんが。(笑) ロマノフ王朝、マッカーサーと朝鮮戦争、チャウシェスク体制下のルーマニア。最後には、なんと、切り裂きジャックの真相が分かってしまいました!(^o^;

書物輪舞 (講談社ノベルス)

【追記】PCで「ロンド」と入力してもだめで、「リンブ」でないと「輪舞」と変換してくれませんね。
[PR]
by oktohru | 2015-08-31 23:27 | 読書 | Comments(0)


<< 室内楽シリーズXII #95 ... つれづれに >>