色 舞 奏 ―感動の創造―

 東京藝術大学のArts & Science LAB.竣工記念フェスティバルが、ベルリンフィル・シャルーン・アンサンブルを招いて行われました。幸運にもチケットをゲットした友人の竹尾さんに誘っていただき、金曜日に行われたオープニングコンサートを楽しんでまいりました。
c0026968_18090882.jpg
 当日のプログラムは、和太鼓奏者の林英哲氏とのコラボレーションで、林英哲:「三つ舞」と松下功:和太鼓協奏曲第1番「飛天遊」、同第2番「天地饗應」の3曲。
 和太鼓との共演なんてアリ?と思いますが、実は2002年に四万十川国際音楽祭で共演しているので、久しぶりの共演というのが正しいようです。そしてその前、1994年のベルリン芸術祭では、和太鼓協奏曲第1番の初演を果たしていたそうです。
 この日の演奏では、プログラムにある和太鼓協奏曲の作曲家で、東京藝術大学副学長でもある松下功氏が指揮者を務めました。ということは、当夜の演奏は、作曲家公認の正統な演奏ということになるのでしょうか?そういえば第1曲目の「三つ舞」も、作曲者による演奏でした。(笑)
 「三つ舞」は、林英哲氏とお仲間の二人(田代誠・辻祐)との共演で、和太鼓のダイナミックな音響を聴かせてくれました。
 和太鼓協奏曲の2曲は、どちらも曲の半ばに和太鼓の独奏部分(カデンツァ)があり、その間、和太鼓だけが照明を受けていて、アンサンブルが入るところから、再び全体が照明を受けるような演出がされていました。また照明自体も、絵模様の入っているものでした。
 和太鼓と管弦楽アンサンブルの共演で奏でられる、原初太古の世界をイメージさせる音のリズムに、自然とストラヴィンスキーの「春の祭典」を想い起しました。また協奏曲第2番では、「不動明王」の真言のリズムが基礎となって、アンサンブル全体をまとめ上げ盛り上げる役を担っているとのことでした。
 聴く機会の少ない和太鼓の演奏を、堪能することが出来ました。竹尾さん、ありがとうございました。
[PR]
by oktohru | 2015-05-31 18:09 | 音楽 | Comments(0)


<< ル スコアール管弦楽団第38回演奏会 ルリタテハ(Blue admi... >>