三浦しをん「ロマンス小説の7日間」(角川文庫)

 観葉植物と会話する毎日を送る作者による日常的恋愛小説なのですが、物語中に別のロマンス小説が挿入されているという、1作で2度面白い作品でした。

ロマンス小説の七日間 (角川文庫)
[PR]
by oktohru | 2015-02-19 23:28 | 読書 | Comments(0)


<< 清水澄子をご存知ですか? 塩田武士「女神のタクト」(講談... >>