ヨコハマベイフィルハーモニー 第1回定期演奏会

 休日の夕方、横浜の関内ホールへ聴きに行きました。このオーケストラは、昨年夏の横浜開港記念日のお祝いにベートーヴェンの第九(第一、第四楽章だったかな?)を演奏するため公募によって結成された市民オーケストラで、今回が定期演奏会の第1回目。指揮者は,第九の時と同じく松本宗利音氏。演目がシューベルトの交響曲第8番「未完成」とブラームスの交響曲第1番という、多くの人に馴染みの曲なのは、第1回だからなのでしょう。パンフレットには、指揮者松本氏による曲目解説がありました。
 プロのオーケストラではないので、どうしてもミスが耳についてしまうのは仕方がないのでしょう。ホルンとかトランペットとか、目立つ音の楽器ほど、聴く方もハラハラせずにはいられなかったというのが正直な感想です。それでも、一所懸命のコンミス(石塚美帆氏)、力強いティンパニ、そして美しいオーボエに救われた気がしました。特にブラームスのフィナーレは、大いに盛り上がってブラボーの声が飛び交いました。
 弦楽器の団員募集中ということです。

[PR]
by oktohru | 2014-12-24 00:28 | 音楽 | Comments(0)


<< ヨハン・シュトラウス2世「芸術... やまむらはじめ「天にひびき」 >>