京極夏彦「書楼弔堂 破暁」(集英社)

 ずいぶん久しぶりの京極夏彦。兄にお借りしましたが、あいかわらず分厚い。厚い割には498ページで軽い。単行本なので、文庫本に比べて厚くて密度の低い紙を使っているのでしょうか。
 6つの掌編から構成されていますが、それぞれ歴史上の有名人が、「弔堂」を訪れます。読むのが愉しい作品です。

書楼弔堂 破暁
[PR]
by oktohru | 2014-07-11 22:37 | 読書 | Comments(0)


<< ヤフオク ああPC >>