新日本フィルハーモニー交響楽団第524定期演奏会

 都合の悪くなってしまった兄に代わって聴きに行きました。会場は、錦糸町のすみだトリフォニーホール。指揮はヨーロッパで長く活躍している上岡敏之氏。公式サイト
 前半は、シベリウスの交響曲第4番だったのですが、なんか旋律の捉えどころのない、鬱蒼とした音の連続で、何度か意識を失いかけました。延々と、果てしなく続くのか、と最後に気を失いかけた時に拍手で目を覚ましました。
 休憩は20分間。これではいかんと、4月からリニューアルしたバーコーナー「北斎カフェ」で、東京サイダー340mlを飲み干しました(墨田区限定)。400円。
c0026968_22544831.jpg
 後半は、ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」。最初からずいぶん早いテンポでしたが、第2楽章の管楽器の絡み合いが、とても楽しかったです。特にオーボエとクラリネットが目立ってました。私が好きな第5楽章も、オーケストラ全体で鳴っていて良かったです。女性のホルン奏者もいらっしゃるのですね。
[PR]
by oktohru | 2014-04-18 22:56 | 音楽 | Comments(0)


<< マーカス・デュ・ソートイ「素数... 知っているのにでてこない >>