乾くるみ「蒼林堂古書店へようこそ 」(徳間文庫)

 兄に借りて読みました。ミステリー専門古書店と、そこに集う数名の登場人物が、もっぱら身近な謎(?)を解き明かすというお話です。14の短篇と、それらの合間にその古書店主によるミステリー紹介がはさまれています。楽しめました。
蒼林堂古書店へようこそ (徳間文庫)
[PR]
by oktohru | 2014-03-14 23:00 | 読書 | Comments(0)


<< 教科書 松崎有理「代書屋ミクラ」(光文社) >>