新日本フィルハーモニー第521回定期演奏会(サントリーホール・シリーズ)

 例によって、忙しくて都合が悪いという兄にチケットをいただきました。
c0026968_00123804.jpg
 指揮者は、準・メルクル氏。たしか今までNHK交響楽団で客演指揮していたと思いますが、新日本フィルには初登場とのことです。
 曲目は、ストラヴィンスキーの交響的幻想曲「花火」とドビュッシーのバレエ音楽「遊戯」、休憩後のメインがベルリオーズの幻想交響曲(公式サイト)。  前半の2曲は、今まで聴いたこともない曲なので、どんなだろうと興味津々でしたが、「花火」はあっけなくて、「遊戯」は、いつの間にか夢うつつになっていました。気づいたら、最期の一音。 >_<
 やはり知っている曲の方が、楽しみやすいのでしょうね。「幻想交響曲」では、最初から最後までちゃんと聴き通せました。
 メルクル氏は、指揮台の前に譜面台を置かないで指揮していました(奏者と重なっていて見えなかったのかも?)。私はP席に座っていたので、指揮者をやや斜め正面から見ることになるのですが、まるで氏の体操を見ているようでした。表情の変化に乏しく機械的な指示に終始していて、なんというか、オーケストラとつながっていると思わせるようなオーラの感じられない指揮ぶりでしたが、まあそれは、見ている私の勝手な思い込みかもしれません。
[PR]
by oktohru | 2014-03-07 00:17 | 音楽 | Comments(0)


<< ノートパソコンの悩み PCオーディオ? >>