PCオーディオ?

 お金をあまり掛けずに、まだCD化されていない手持ちのレコードの音楽を電子ファイル化しようと、ここ2月ばかりあれこれやりました。
 最初は、4年くらい前に買ってあったZOOM Q3というハンディービデオレコーダーを、2つのスピーカーの間に置いて録音しました。柔らかめの印象的な音になりましたが、ちょっと柔らかすぎるのと、ねぎま君の啼き声が入る恐れがあるので、1回だけで止めました。(笑)
 やはりアンプの出力を直接PCへ入れないと、ということで、余っている古いノートパソコン(Cassiopeia FIVA:Windows Me)のマイク端子を使って、Putitrecというフリーソフトで録音しました。ところが、マイク端子はモノラルでした!(涙)ステレオ音源がモノラルになってしまうというのは困るのですが、ノートPCにはライン入力端子なんてありません。そこでUSB端子を使った録音器具を購入する羽目になりました。なんとか探し出したのはbehringer社のUCA202というオーディオインターフェイス。2000円近くかかってしまいますが止むをえません。しかし対応OSがWindows2000以降ということで、やはり今や使っていないノートパソコン(Mebius Muramasa:Windows XP)につないで録音することになりました。取り込みソフトも、behringer社のサイトでAudacityというかっこよさげなソフトが無償配布されていたのでダウンロード。
 いよいよ録音してみました。すると、、音が時々抜けます!録音の音量レベルも変えられません! なんじゃこりゃー、と思いましたが、きっとソフトが重いのに違いないということで、Putitrecで試みたところ、、見事音抜けはなくなりました。音量レベルの調整は、やはりできませんが、、。

[PR]
by oktohru | 2014-03-01 22:38 | 音楽 | Comments(0)


<< 新日本フィルハーモニー第521... 松崎有理「あがり」(創元SF文庫) >>