Orchestra MOTIF Charity Concert

 慶応大学在学生の日置駿氏が代表を務めるOrchestra MOTIFNPO法人ジャパンアートが共催するチャリティーコンサートを聴きに、目黒パーシモンホールへ行ってきました。
c0026968_11055.jpg
 
 曲目は、(1)映像とのコラボレーションということで、映像を壁面に投影しながら、ジョン・ウィリアムズ作曲「スターウォーズ組曲」、(2)ガーシュイン作曲・グローフェ編曲「ラプソディー・イン・ブルー」、(3)ドヴォルザーク「交響曲第9番(新世界より)」でした。
 指揮者:シューリヒト(松本宗利音氏)、ピアノ:キーシン(永井基慎氏)。←!!
 このオーケストラのメンバーは、慶応大学オーケストラメンバーに他の音楽大学などの学生さん達が加わって構成されていて、とにかく若い人ばかり。聴衆も、メンバーの家族や友人が多いようで、若者がいっぱいでした。今夜の指揮者松本氏も東京藝術大2年生ですので、同世代のオケとの共演だからでしょうか、演奏中の表情がいかにも楽しそうでした。
 それにしても、若い人たちが一生懸命に頑張っている光景は、私のようなおじさんには眩しいものです。これからの皆さんの活躍も楽しみです!(^o^)/
[PR]
by oktohru | 2013-09-20 01:01 | 音楽 | Comments(0)


<< 森見登美彦「宵山万華鏡」 故富田倫生氏の「お別れ会」 >>