新日本フィルハーモニー交響楽団 室内楽シリーズ

 音楽家たちの饗宴2012-2013 (第7回)
 忙しい兄に代わって、聴きに行きました。墨田トリフォニー小ホールにて午後7時15分開演。
 演目は、コダーイの弦楽四重奏曲第1番とシューマンのピアノ五重奏曲(作品44)。前者は40分近い大曲。コダーイというとオーケストラ曲の「ハーリヤーノシュ」しか聴いたことがありませんでしたが、これは全然違いますね。当たり前か。(笑) あまり民族色のようなものは感じられない(私には)現代的な曲でした。
 15分の休憩をはさんで、シューマン。ピアノも入っているし、聴きごたえ満点でした。
 会場でいただいた冊子には、通常の曲目解説は無くて、演奏家の方たち(写真入り)のコメントという形で説明されていました。ヴィオラの方が「まさか(コダーイに)弦楽四重奏曲があるとは全く知りませんでした。」とあったのがよかったです。(笑)

 今回はお客さんが少ないみたいで、私の両隣は空席でした。おかげでひじ掛けを両方使えました。
[PR]
by oktohru | 2013-06-26 23:22 | 音楽 | Comments(0)


<< 「わたしの吉川英治」(文藝春秋社) 横浜開港祭 >>