高岡詠子「シャノンの情報理論入門」(ブルーバックス)

 馴染みのない分野の本ですが、入門書なのでなんとか読み終えました。クロード・シャノンって、偉大な人だったのですね。CDのサンプリング周波数が44.1kHzである理由も、標本化定理から納得できました。
シャノンの情報理論入門 (ブルーバックス)
[PR]
by oktohru | 2013-02-23 23:41 | 読書 | Comments(0)


<< 三上延「ビブリア古書堂の事件手... 林原耕三「漱石山房の人々」(講談社) >>