春日真人「100年の難問はなぜ解けたのか」(新潮文庫)

 兄に借りた本。面白くて、1日で読んじゃいました。帰りの電車で、ちょうど降りる駅に着いた時に。
 ポアンカレ予想を証明したロシア人数学者グリゴリ・ベレリマンについて取材した記録です。彼はこの功績により、数学のノーベル賞ともいわれる「フィールズ賞」を受賞しましたが、その受け取りを拒否したとして話題になった数学者です。とても上手く書かれていて、トポロジーを始め、さまざまな専門用語について、なんとなく読者を分かった気にさせてくれます。
100年の難問はなぜ解けたのか―天才数学者の光と影 (新潮文庫)
[PR]
by oktohru | 2012-09-05 23:11 | 読書 | Comments(0)


<< 気象庁の天気予報 nano.tracker >>