スティーグ・ラーソン「ミレニアム1―ドラゴン・タトゥーの女」(上)(下)ハヤカワ・ミステリ文庫

 兄に借りて読みました。映画化もされたベストセラー作品。
 章ごとの扉にある統計数字を見ると、スウェーデンにおける女性の性暴力被害を訴える本でもあるようです。実際、この小説の内容にも性暴力がからんでいます。読み終えて、人に勧められるかと聞かれたら、当惑する小説です。つい引き込まれて読み終えましたが。映画化もされているようですが、もしも原作に忠実だったら、絶対に怖くて観られません。
ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
[PR]
by oktohru | 2012-04-08 19:37 | 読書 | Comments(0)


<< スティーグ・ラーソン「ミレニア... 青柳いづみこ「六本指のゴルトベ... >>