奥泉光「シューマンの指」(講談社)

 しばらく前に話題になった(と思う)本。兄に借りて読みました。奥さんに先を越されましたが。(笑)
 私もシューマンのピアノ曲が好きで良く聴きます。献呈(「ミルテの花」第1曲)が特に好きですし、ピアノソナタ第2番は「のだめ」でも登場しましたね。この本を読むと、シューマンについていろいろな知識が得られて、まるでシューマンの教科書みたいです。最後まで読んで、「あっ!」と驚くというか脱力するというか、とにかくすごい作品です。ミステリーファンは、別の感想を持つかもしれませんが、、。
シューマンの指 (100周年書き下ろし)
[PR]
by oktohru | 2012-02-01 10:21 | 読書 | Comments(0)


<< なつかしい歌 パソコンでトラブる。 >>