森見登美彦「美女と竹林」(光文社文庫)

 森見氏の著書を読むのは初めてですが、すばらしい作品です。私は思います。森見氏は現代の夏目漱石である、と。おそらく、今後著作を続けて机で呻吟するうちに、氏は胃弱となるにちがいありません。
美女と竹林 (光文社文庫)
[PR]
by oktohru | 2011-08-31 21:37 | 読書 | Comments(0)


<< 庭 胸キュンの理由 >>