ミシェル・オークレール大人買い

 ヴァイオリニストです。女優ではありません。
 最初は、フィリップスのアルバムで、これは以前に購入してありました。
ミシェル・オークレールの芸術
 最近、新たにLPをCD化したものが販売されているのを知り、大人買いです。なにしろ、1枚2520円という価格ですから、大変です。まあ、3枚だけなんですけど。
 1枚目は、フィリップスにも入っているチャイコフスキーの協奏曲。オーストリア交響楽団なんて、聴いたことありません。
チャイコフスキー:Vn協奏曲
 2枚目は、ブルッフの協奏曲。これも、オーストリア交響楽団。
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番
 3枚目は、クライスラーの作品を中心とした小品集。
クライスラー・アンコール&フェイバリット
 すべて、素晴らしい演奏と言ってよいでしょう。
 3枚とも、おそらく初出LPのジャケット画像を使っているかと思われます。

 それ以外を探すと、オークションなどではとんでもない価格で出品されていたり。こんな大人買いはできません。
[PR]
by oktohru | 2011-07-31 21:17 | 音楽 | Comments(2)
Commented by ご存じより at 2011-07-31 23:42 x
 あと1枚、シェリングの弾いたベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲に、オークレールのスプリング・ソナタが付いているのがありますよ。
 ぼくは最近、神尾真由子という若いヴァイオリニストの演奏に感心しています。チャイコフスキーもプロコフィエフも凄い。おすすめ。
Commented by oktohru at 2011-08-02 12:00
本当だ。どうしよう、、。


<< 腰痛 佐藤文隆「職業としての科学」(... >>