ハーディング・新日本フィル演奏会(6月21日)

 3月の、ちょうど東日本大震災当日に予定されていた演奏会の代替公演です。場所はサントリーホール。元々はワーグナー「パルジファル」より第1幕への前奏曲とマーラー交響曲第5番が演目でしたが、1曲目を被災された方々への追悼の意を込めてエルガー「エニグマ」より第9変奏「ニムロッド」に替えて行われました。公演前に配られた紙に「演奏後の拍手は辞退させていただきます。」とありましたが、演奏が終わって、本当に誰一人として拍手をしない中、ハーディング氏は黙礼の後、指揮台を降りてステージから立ち去りました。その分、次のマーラー交響曲第5番の指揮にステージへ現れた氏への拍手は大きかったように感じられました。
 マーラーは、第1楽章があまりにゆっくりなので、私には退屈に感じられてしまいましたが、第2楽章以降は、良かったです。第4楽章が終わる寸前に、近くの客席から携帯の着信音が聞こえてしまい、トホホでした。最終楽章が終わって何度かステージに現れたハーディング氏は、それからすばやくホール出口近くに現れると、募金箱を持って立たれました。偉い人です。
[PR]
by oktohru | 2011-06-22 21:41 | 音楽 | Comments(0)


<< コンサート とうとう >>