尾崎左永子「王朝文学の楽しみ 」(岩波新書)

 久しぶりに古典解説書。読んでいて、あたかも著者の散策にのんびりお伴をしているような感じです。こんな気持ちで古典作品に接することが出来れば、古文好きになるかもしれませんね。
王朝文学の楽しみ (岩波新書)
[PR]
by oktohru | 2011-05-17 23:39 | 読書 | Comments(0)


<< 三上延「ビブリア古書堂の事件手... 花粉症 >>