米沢穂信「ボトルネック」(新潮文庫)

 今頃?と笑われそうですが、息子に薦められて読みました。面白かったです。結末は、ちょっと微妙かもしれませんが。
ボトルネック (新潮文庫)
映画化されたりして。
そういえば、同じ作者の「インシテミル」は映画化されるのですね。
それにしても、若い作者です。
[PR]
by oktohru | 2010-06-23 23:04 | 読書 | Comments(1)
Commented at 2010-06-26 12:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< サッカー・ワールドカップ 揺れる相撲界 >>