吉永良正「複雑性とは何か」(講談社現代新書)

最後まで飽きずに読み通せました。それにしても「複雑性」に対する科学者のアプローチに、日本人と欧米人で違うというのが面白かったです。なるほど、というか。
[PR]
by oktohru | 2009-06-21 23:59 | 読書 | Comments(0)


<< 平野敬一「マザー・グースの唄」... すごい雨降りでした >>