山本弘「詩羽のいる街」(角川グループパブリッシング )

 良く考えて作られた作品ですね。ラジオで目黒孝二氏が推薦していたとおり面白かったです。
 著者はお若いにもかかわらず、最終章に「危険思想」なんて言葉が出てしまうのは、SF作家だから?
[PR]
by oktohru | 2008-10-25 23:00 | 読書 | Comments(0)


<< 佐伯一麦「ア・ルース・ボーイ」... 立石和弘「男が女を盗む話」(中... >>